不倫は「悪」なのか

不倫は「悪」なのか

キニナルWEB どっちなのか、キニナル!
忘れた頃に世間をにぎわせる芸能人カップルの不倫報道。「そんなことよりもっと別なニュースがあるだろう」と思う人も多いと思います。そもそも当事者同士のプライベートな問題のはずですが、「いつからなのか?」「離婚するのか?」「別れるのか?」「謝罪したのか?」と詰めよる過熱ぶりには本当に辟易します。文字通り「倫理」的に許されないとはいえ、過剰に反応し、存在を消し去ろうとさえする人がいるのはなぜでしょうか。今回はそのへんをちょっとだけ深く考えてみようと、いろいろな意見を拾ってみました。
あなたの意見を教えて!

 

コロナの2020年も芸能人の不倫報道で明け暮れた

2020年もそろそろ終わりに近づいていますが、今年はとくに「大物」(直近では近藤真彦、渡部健、Zeebre、東出昌大、ブラザートム、瀬戸大也など)の不倫が相次ぎ、同じネタでよく次々と引っ張れるなと思わせるほど様々なメディアが賑わいました。こうした傾向は今に始まったものではなく、おそらく来年も、その次の年も延々と続くことでしょう。
皆さんの周りでも「不倫」の噂話はちょくちょく耳にするのではないでしょうか。あるいはご自分が当事者であることも……。
日常に普通に「よくあること」のはずの「不倫」ですが、世間のゆるがぬ常識では「悪いこと」であり、もし発覚すれば、民事で訴えられて安くない慰謝料を支払わなければならないだけでなく、それ以上に非常に厳しい社会的制裁を受けることは免れません。
「不倫は悪いこと」と誰もが口にする一方で、なお不倫が消滅しないのはなぜなぜでしょうか。

不倫に関するアンケート結果

不倫に関するアンケートは、女性誌、探偵会社などさまざまに実施されています。
リサーチ株式会社NEXERによると、男女別に不倫・浮気の経験があるのは以下のとおりでした(2020年6月・男女各461人を対象とした調査)。

不倫は悪か「あなたはこれまでに不倫をしたことがありますか」男性は3割弱、女性は2割強ということは、男性の3人に一人、女性の5人に一人は不倫の経験があるということになります。
また女性セブンが読者534人に対して行ったアンケートの発表では次のような結果でした(2020年8月調査)。

不倫は悪か「夫以外の人を好きになったことがありますか」
不倫は悪か「正直、不倫をしたいと思いますか」

夫以外の人を好きになったことのある人は4人に1人、でも不倫にまで発展させてもいいという人は10人に1人いるかいないかくらいかという結果ですが、見方を変えれば、「40人の妻のうち3~4人は不倫をしたいと考えている」ということになります(もっとも、女性だけを調査するのは片手落ちですが)。

これらの意識調査から見えてくるのは、経験のあるなしとは別に、不倫は決して「珍しいこと」ではないということです。芸能メディアが日夜吊し上げる「絶対悪」というイメージとは少しずれがあります。ありふれたことなのに、なぜ、同時に糾弾するのでしょうか。

次に、対照的な意見を集めてみました。

不倫反対派の意見

不倫を忌み嫌う人の意見は集めるまでもなく圧倒的多数です。

これらを見ていると、社会悪であり、違法行為であるにもかかわらず不倫がなくならないことにイラついている人、もう生理的に受け付けないという人という印象を受けます。不倫を行う人を懲らしめたいというより、いっこうに無くならない「不法行為」「非道徳的行為」にイラつき、生理的に嫌悪感を覚えているといったふうです。
また不倫は「される側」に大きな心の傷を負わせる行為であることから、当事者としての経験や、当事者の感覚を代弁して糾弾しているという面もあります。

不倫賛成(?)派の意見

一方で、これに異を唱える意見も探してみました。

賛成ではないけど否定はしない
だって人間の気持ちは変わっていくものだから

Yahoo!知恵袋:hato1007さん2018/4/22 21:35

私は不倫していた時、私ってかなりいい女なんだ。あの女性やこの女性より魅力があるんだとか、
彼は奥さんより私が好きなんだ、彼とずっといたい、彼は私を離すことはできないとか、かなり痛い、勘違い人間でした。
因果応報、自業自得、天罰、、、
悔い改めなければならないありとあらゆることって恐ろしいことに本当にある。
怖いもの見たさで不倫するのも、案外乙なものかとみなさんの不倫を反対はしません(笑)

Yahoo!知恵袋:zut********さん 2018/4/22 22:57

こちらの意見の中心にあるのは「不倫には不倫の理由がある」というものです。「自己責任」という言葉も浮かんできます。
本来人間も動物であり、気持ちは移ろうものなのだから、それを否定することはできないというのは、否定できないのかもしれません。

不倫は絶対悪か

そもそも「結婚」という制度は人間が作ったものにすぎず、あらゆる倫理と同じように、時代の変遷につれて様々な変容を迫られ、いつか制度が不要になることもありえます。
本稿執筆中に、カンニング竹山さんがテレビの生放送で近藤真彦の不倫に関してコメントしたことが話題になりました(そんなことを話題にしてまでメディアは不倫報道を盛り上げます)。

法律違反(刑法に罰則規定はない)ではない。不倫報道ばかり加熱させていたら、おかしい世の中になる。不倫を規制したいなら、法律(刑法の罰則)を作ればいい。

2020年11月18日 『バイキングMORE』(フジテレビ系)

日本でも少しだけ話題になりましたが、ドイツのシュレーダー前首相は自身の4度目の妻と婚姻中に韓国の25歳以上年下の女性と不倫をして、5度目の結婚をしています。
日本の総理大臣が同じことをしたらとんでもないことになるところですが、ドイツには、「不倫は婚姻している人を傷つける悪いことだが、新しい道を歩もうとしている人は応援する」という風潮があり、徹底的にたたいて再起を許さないことはないとか。
国や人によって「倫理」に対する意識は変わるのです。

 

さて、皆様はどのようにご覧になりますか。
皆様のご意見をお聞かせください。
↓ ↓ ↓

       

みんなの意見(21件)

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!論点カテゴリの最新記事