企業を改革に導くためにとことん寄り添うコンサルタント会社!

企業を改革に導くためにとことん寄り添うコンサルタント会社!
キニナルWEB ここがキニナル!

コンサルティング会社といってもやり方は様々。業務の見直しだけではなく、人材教育にも力を注いでいるアバージェンスはどんな取り組みをしているのでしょうか?

成果にこだわりプロジェクトが終わるまで泊まり込む

株式会社 アバージェンス ディレクター辻田拓人


弊社は法人様向けのコンサルティングを手がけている、コンサルティングファームです。

そう口火を切ったのは、アバージェンス設立当時からのメンバーであり、現ディレクターの辻田氏。
続けて話すのは入社2年にしてディレクターを務める葛西氏。

アバージェンスには、3つの特徴があるんです。1つ目は、プロジェクト期間中に必ず適格な成果をあげること。2つ目は、成果を上げるために組織内のマネジメントをマネジャーの変革という手段で行うこと。3つ目はマネジメントの評価を通じて、マネジャーだけではなく社員の認識や行動を変え、それを習慣化させて結果的に成果につなげていくということです。

株式会社 アバージェンス ディレクター葛西幸充氏

――3つ目は教育みたいな感じですか?
教育というより実践ですね。仕事のやり方を変えるということです。1つ目の「成果」というのは、売上の拡大、コスト削減など営業利益の改善といったことです。あとは常駐型で、お客様のところに日々行きます。プロジェクトはだいたい4~6か月が多いのですが、終わるまでお客様の近くのホテルで寝泊まりします。
――ずっと泊まり込むのですか!それはすごく特徴的ですよね。
それだけ成果にこだわっているからですね。もちろん土日は帰りますけど(笑)。
――一日中、一緒にいることも?
動き方としては、お客様に1部屋借りてプロジェクトルームを作ってもらい、基本、我々はそこに常駐します。1人の人間が複数の人間を管理しているので、朝30分ずつぐらいミーティングをして、場合によっては夕方にもう1回して、今日の成果はどうだったかということをフォローします。
現場を見ることもありますよ。生産の現場があれば生産の現場も見ますし、営業の現場だと同行する。そういったことをして問題を発見し、見すえていきます。
――密接しているからこそ、見えてくるものがあるのですね。お客様はどういった方が多いですか?
多種多様ですが、我々と相性がいいのがオーナー系企業です。それはなぜかというと、トップダウンでものごとを進めていくことが多いからです。オーナー系だと、トップダウンの意思決定をしていくことが多いので我々と相性がいいんです。オーナー様は企業の創業者や、その3代目や4代目の方が多いですね。
――多い業界などはありますか?
産業界メーカーが多いです。特に我々がお手伝いするのが、数百億から数千億の3代目の方など。3代歴を重ねて、組織の格を上げていきたい、組織の規模を一段と上げていきたいというときにお手伝いすることは多いですね。
Advertisement
1 2 3 4 5

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!会社へのインタビューカテゴリの最新記事