荒川区大好き!地元の人に愛され続ける建設会社に吹く新風

荒川区大好き!地元の人に愛され続ける建設会社に吹く新風
荒川区大好き!地元の人に愛され続ける建設会社に吹く新風
キニナルWEB ここがキニナル!

荒川区に、元凄腕の舞台演出家がいる建設会社があると聞きました。
人生のステージを建設会社に移した三芳建設株式会社 常務取締役 南雲史成さんに、61年の歴史を誇る地域の信頼の厚い建設会社をどう演出していくのか、お話を伺ってきました。

 

個人のお客様は、半数以上が荒川区の人々

 

――まず、三芳建設さんはどんな会社なのでしょうか。
三芳建設株式会社常務取締役 南雲史成氏インタビュー
うちは地域密着型のゼネコンです。お客さんは荒川区中心ですが、建物に関することだったらなんでも引き受けます。建築、修繕、改築、すべてやりますし、鍵の交換のような細かい工事から、大きなマンションの建設まで、全部やっています。
2017年に東京都内でひょうが降ったことが話題になったのを覚えていますか? あの時、この辺一帯は被害がひどかったんです。ひょうでテントの屋根が破れてしまったとか、網戸が破れたとか、そんな被害がたくさんあって対応に追われました。すごく忙しくて、もう喉から手が出るほど人手が欲しかったです。
――普段はどのようなお客様がいらっしゃるのですか?
個人のお客様ですと、やはり荒川区にお住まいの方が半数以上。法人のお客様では、首都圏一円が営業エリアになります。横浜の鶴見で工場をお持ちのお客様もおられますし、支店がある鹿島だけという場合もあります。
――個人のお客様のほうが多いのですか?
本社と支店では少し違うのですが、本社は、大体個人のお客様が中心で、時折、東京都や荒川区の公共工事の仕事を頂いたりもします。
――支店もあるのですか?
茨城県鹿島に支店があります。鹿島港を中心とする法人のお客様のプラントに常駐させてもらっていて、修繕から、新しく作ったりなども含めてやらせてもらっています。
あとは不動産業もやっていますので、土地を扱わせてもらったり、賃貸マンションの仲介もやりますし、最近は、ウイークリーマンションなど短期でお貸しすることもしています。
南雲さんはヨーロッパで仕事した時に、ウイークリーマンションに1カ月半ぐらい住んだことがあったそうで、その経験からウイークリーマンション事業を立ち上げたとのこと。最低でも4人は利用できるようなファミリータイプの広い部屋を貸しているそうです。
Advertisement
1 2 3 4 5

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!会社へのインタビューカテゴリの最新記事