おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術

おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術
おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術
アプリ「AI-Credit」の開発者・足澤憲氏
キニナルWEB ここがキニナル!
論議を呼んだ消費税率引き上げから1年半が経ち、QRコード決済でのポイント還元祭が活発に行われ、今やキャッシュレス市場は戦国時代と言える。どのカード、どの決済サービスがベストなのか。私もポイント還元率を上げる方法を知りたい! そこで、地図上で表示されたお店でどの決済方法がベストなのかを教えてくれるアプリを開発した自称カードマニアの“セコロジスト”に教えを乞うてみました。

“セコロジスト”を生んだ苦学経験

――す、すごい量のクレジットカードだね! いったい何枚あるの?
そうですね、41枚あると思います。ちなみに銀行口座は25口座あります。
――さすが、“セコロジスト”……!
私は大学を卒業するまで岩手に住んでいて、はっきり言って貧乏していました。壁がほとんどなくなったボロボロの家に住んでいたくらいです。直すお金もなかったのです。父は浪費家で、母親はお金の知識がない。貧乏から抜け出せない理由のひとつは、この“お金の知識”の有無です。それで、お金の勉強をして“おトク”をつきつめていこうと決めたことが、“セコロジスト”になったきっかけですね。
――学生時代からクレジットカードをうまく使いこなしていたとか。
岩手ではみんなクルマ移動です。私もガソリンスタンドのクレカを作り、支払いの還元率を良くして、移動費を抑えました。別のガソリンスタンドに浮気しそうになっても、ぐっとこらえて同じ系列のガソリンスタンドで給油し続け、還元率は3%までいきました。次に考えたのは、日々の生活費をどう抑えるかということ。当時イオンでアルバイトしていたので、生活用品はイオンのクレカを駆使して、いかに安く買うかというチャレンジに明け暮れました。お客様感謝デーもあり、確実に5%は安くなるんです。クレカ利用以前の主食はモヤシでしたから、この還元は本当にありがたかったです。高校からの学費はすべて自分のバイト代でまかなっていましたから、1円でも無駄にしたくありませんでした。
――苦学生の経験から“セコロジスト”が誕生したと。
かなりの苦学生でしたね。だからクレカマニアになったといえます。
Advertisement

素人には奇々怪々! おトク情報を一元管理できるアプリを開発

おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術
40枚超のクレジットカードを駆使する“節約の伝道師”、足澤さん

――それから就職して。

大学院を出て東京の会社にITエンジニアとして就職し、埼玉に住みました。その会社ではカードの還元率比較サイトを運営しましたが、完全に玄人向けに作ったのでユーザー数はほぼいなかったです。
――でも、まさにうってつけの仕事だったわけだね。
社内では「クレカに詳しい人」と呼ばれていて、同僚に、生活スタイルに合わせたクレカの選び方を診断してあげていました。お金に敏感な方は、その頃からどのクレカを選ぶべきかと考えていましたから。クレカで年間数百万円使うとして、還元率が1%違うとかなり大きいです。「ここをこうしたら1年間で沖縄旅行2回行けますね」などとアドバイスして、お礼にランチも奢ってもらいました。
そうして、クレカ決済がおトクという認識を広めていきました。一定の有益な情報を社員の皆さんにお届けしていたと思います。
――その後、起業したわけですね。
その会社に新卒入社したのはもともと起業するつもりだったからでした。最終的には当時の上司と一緒に起業しました。
当初はいろんなことを考えたのですが、うまくいかず、自分は何をしたいのかと原点に立ち返って、クレジットカード比較が好評だったことを思い出したんです。そこでクレカを比較する前身の「AI-Credit」を開発し、徐々に軌道に乗り始めました。
――キャッシュレスの波に乗ったわけだ。
そうです。クレカだけではなく、さまざまなキャッシュレス決済方法が登場しました。とくに最近はスマホ決済が台頭し、カード単体で買い物をするより、双方の決済機能を組み合わせ、さらにポイントサービスやキャンペーンなどの情報、特定のお店でのおトク情報などもあり、情報は生モノになっています。1か月後にはその支払い方法ではおトクにならないということもあるわけです。
――素人にはお手上げだね。
私も開発前は自分でいちいち調べていたのですが、時間がもったいないです。今では、すべてプログラムに落とし込んでいるので、「AI-Credit」アプリの判断に任せています。

おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術
店舗の還元率が分かりやすいと評判のアプリ「AI-Credit」

今の「AI-Credit」アプリは、複雑なポイント還元の仕組みを理解する必要はなく、アプリを開くだけで、そういう生モノの情報をもとにいくらおトクになるかを金額表示します。
また、ネットショッピングにも対応し始めました。最近はネットショップでも実店舗のようにポイントを獲得できるし、巣ごもり需要もありますから。Amazonや楽天市場ではこの支払い方法をすればより多くのポイント獲得が可能になる、ということを簡単にわかるようにしていきたいです。

――ユーザーの反響はいかがですか。
お金と調べる時間の両方を節約できてありがたい、という声が多いですね。決済事業者の方ともお話しする機会があるのですが、「AI-Credit」アプリはそういう皆さんの間でも意外と認知されているようです。
Advertisement

今、おトクなカードはズバリこれ!

おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術
「Visa LINE Payクレジットカードは還元率が2%ですね」(-ω☆)キラン
――今現在は、どの決済方法がいいのですか。
最近インパクトがあったのが、「Visa LINE Payクレジットカード」の還元率3%です。シンプルに分かりやすく還元率が高いカードですね。4月末で3%は終わってしまいますが、今後1年間は2%を続行するというのが大きい。1年間はこのカードを使えばほぼ間違いはないです。
別の取材で、還元率0.5%の「エポスゴールドカード」が年間100万円を使うと1万円分のポイントが付与されて実質1.5%還元となり、さらにいろいろ組み合わせれば最終的に還元率2.5%になる、と答えたのですが、それがちょっと面倒なら、「Visa LINE Payクレジットカード」の2%還元率がベターでしょう。LINEユーザーも多いので、かなり強いですね。LINEはショッピングサイトも持っていますから、シナジー効果を高めるために独自の経済圏をつくろうとしているのでしょう。
――ショップ、クレジットカード、ガス、電気など、LINE以外にも“経済圏”はいろいろありますよね。やはりどこかに属していたほうがいいのですか。
早くから構築されていたのは“楽天経済圏”ですが、楽天カードは先日改悪されてしまいました。年会費2200円の楽天ゴールドカードで「楽天市場」の買い物をすると4%の還元が受けられるという特典があったのですが、これが年会費無料の楽天カードと同じ2%還元に下がってしまったのです。ゴールドカードを使う意味がなく、一般カードでもいいことになります。さらに公共料金支払いのポイント還元率も6月に1%から0.2%に引き下げられます。
――じつは私も楽天カードを使っていて、公共料金の還元率が下がったのはショックです……
ただし、楽天はどこよりも強力な経済圏です。私は、楽天経済圏ではありませんがそれでもおススメするのは楽天経済圏です。
すべて楽天経済圏に委ねるのではなく、サブ経済圏にも加入するほうがリスクが少ないですが、ポイント分散の問題が起きますから、分散しても問題がない経済圏を選択すべきでしょうね。
――私は集中してポイントを貯めるタイプですが、分散した方がいいのかな。
ポイントを分散すると、自分でどこまで管理できるかという問題があります。永久不滅か、期間が長いポイントなら分散してもいいかもしれませんが、初心者で管理が難しいなら、まとめた方がおトクです。
――たしかに。
他の経済圏も育ってきていますので、携帯のキャリアなど、日々の生活を勘案して、どこかの経済圏を選択して、分散せずにまとめたほうがいいでしょう。経済圏によってポイント還元率も異なりますから、年に1回、年末調整や確定申告をするのと同じように、支払い方法を見直しすることをおすすめします。その結果、経済圏ごとまるっと移動したり、公共料金の支払い方法を別カードにしたりを検討すればいいわけです。
ただし、経済圏ごと引っ越ししてしまうと、今回のように改悪される可能性もありますから、難しいのですが……。
Advertisement

まだまだある! “セコロジスト”が勧める節約術

――ほかに、“セコロジスト”ならではの節約術は?
私は保険をよくチェックしています。控除額10万円を超える保険料は明らかにもったいないので、いったん見直した方がいいです。保険は損切りすると惜しいと思われがちなのですが、それでも金額を見直して、もっとおトクなところに入った方がいいです。支払いが定期的で、金額も大きいため、見直せば節約の効果も大きいです。私は投資になる保険や、必ず掛け金以上の金額が戻って来るがん保険にしか投入していないですね。
サラリーマンの中には、営業マンの熱意に押されて保険に入りすぎてしまう人もいますから、注意が必要です。
あと、確定申告はスマホでもできますから、サラリーマンでもやった方がいいです。
――カードの使い方で注意した方がいいことはありますか。
見落とされがちですが、カードを作るときにある程度の年齢で信用情報が空っぽの状態だと、審査が通りづらいです。特に30歳までカードも住宅ローンも組んだことがない状態、いわゆるスーパーホワイトだと、審査がぐっと厳しくなります。信用情報を作るためにもカードは20代で作るべきです。
カードを作った後の注意点としては、リボ払いや、分割3回以上の支払いは避けること。ほぼ確実に手数料がかかりますから。じつは、おトクになるリボ払いの高等テクニックもあるのですが……
――なんだか知りたくなりますが。
はは。かなり面倒なのと、ミスると手数料を払うことになるので、私はおすすめしていません。
あとは、もし支払いを延滞してしまっても、すぐにカードを解約しない方がいいです。信用情報の仕組み上、少しの延滞は2年間で情報が消えますが、解約すると5年間情報が残ってしまうのです。そうすると、次のカードを作る時に不利になります。
――ありがとうございました。

おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術

キニナルWEB インタビューを終えて
このご時世、給料のアップは夢のまた夢ですが、カードやスマホ決済を駆使すればポイントがさらに貯まるという知恵を教えてくれる“セコロジスト”が足澤憲さんでした。おトク情報を一元管理できるアプリの開発、普及にも成功し、サラリーマンやOLの心強い味方になっています。これからもときどき足澤さんを訪ねて、おトクな情報を教えてもらおうと思いました。
なお、「AI-Credit」について詳しく知りたい方はこちらから!キニナルWEB

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事