L.A.のクラブで観客を総立ちにさせたセクシーシンガー

L.A.のクラブで観客を総立ちにさせたセクシーシンガー
L.A.のクラブで観客を総立ちにさせたセクシーシンガー
Meyouさん(アーティスト )
キニナルWEB ここがキニナル!
榎並です! 今回は、歌とダンス、そしてラップでオーディエンスを魅了するMeyouさんに会いにいきました。90年代に曲とダンスが海外のプロデューサーから注目され、L.A.のクラブでのパフォーマンスでアメリカの観客を総立ちにさせてしまったセクシーシンガーです。帰国後もV6やテレビCFに楽曲提供やダンス指導などで大活躍。ちょっと緊張しましたが、貴重なお話を伺うことができました!(インタビュアー:榎並千陽

ヒップホップに一直線の少女

 

―小さい頃から歌が好きだったのですか。
生まれたとき、泣き声があまりにも大きくて、私だけ新生児室から院長先生の部屋に連れていかれたそうです。あなたは生まれながらに歌う運命だったと母から言われました(笑)。物心ついた頃から歌っていて、自分で詞を作ったり振り付けしたり、自分でつくることが大好きでした。実家に行けば今でもカセットテープに残っているかもしれないですね。ちょっと聴いてみたい(笑)。
―私も家にカラオケがあったので、3歳のころから歌っていました。当時のテープを聞いたら、吉幾三の『酒』を延々と歌っているんです(笑)。
ダンスは中学くらいからブレイクダンスやヒップホップを始めました。まだ日本にあまりラップはなく、海外のラップを聴いていました。当時、マイケル・ジャクソンの振付師さんとすごいダンサーが大阪に遊びに来ていて、彼らと兄弟のように遊んだり、クラブの前でラップをしているのを見たりしてアメリカを感じ、遊びながら覚えていきました。どこかで習ったりしたことはなくて、クラブでショーをやったりしながら、高校のころからラップも自分で表現することを覚えました。
―ヒップホップのどんなところに惹かれたのですか。
エネルギーの熱さです。黒人から生まれた音楽ですが、辛いこと、悲しいことがあっても、それを言葉にして、ダンスにして、自分自身の火を燃やすことこそヒップホップだと思うんです。今は少し気持ちが落ち着いていますが、若いときに接したときの気持ちやヒップホップの文化は絶対に忘れられません。
―影響されたアーティストは?
やはりマイケル・ジャクソンです。ダンスも独特ですごい才能ですし、何を歌ってもマイケルになる。リズムとダンスと歌が一体になっています。今でもマイケルは特別だと思います。ディズニーランドに行ったとき、マイケルが3Dで演っていて、そのダンサーが一緒に遊んでいたダンサーたちでした。あれはしびれました。
Advertisement

アメリカのステージで喝采を浴びる

アメリカ時代のスナップ
アメリカ時代のスナップ

 

―アメリカで活動することになったきっかけは何ですか?
それまでもエイベックスで久保田利伸さんの曲を演ったりしていたのですが、日本の女性シンガー5、6人が海外のプロデューサーと組んで作ったコンピレーションアルバムがきっかけになりました。当時ヒップホップで有名な方たちに曲を提供していたスティーブ・ホプキンスさんとタッグを組むことになり、1曲作ったらすごく気に入ってくださって、スタジオのあるロサンゼルスに来てほしいというラブコールをいただきました。私は詞とメロディー、彼はトラックという感じでアルバムが完成し、海外でキャンペーンをやりました。それが日本のTSUTAYAレーベルの目に止まり、2002年に日本でもリリースされました。このアルバムが『Infinity』です。そこからいろいろなつながりが生まれました。
―本場アメリカで感じたことは?
アメリカでズタズタに打ちのめされて帰ってくる人もいますけど、私は日本よりやりやすかったですね。日本では100の実力があっても70くらいを出して、残りはミステリアスに残しておくような奥ゆかしさが受けます。30は小出しにしたほうがいいんですね。ところが、アメリカでは「もっとあるよね、出して」と言われます。「出しちゃっていいんですか?」という感じで、100を120になるほど遠慮なく出していいんです。それが自分のスタイルに合っていました。
―「Infinity」が完成した2002年には、いよいよアメリカでのライブ活動も始まりました。
とにかく全部を引き出してくれる国なので、日本でできないようなことができました。ブリトニー・スピアーズさんの振付師がプロデュースするイベントにも出してもらったんですが、さすが本場ですから、やっぱりすごいんです。トリに近い良いポジションだったので、すごい方たちのステージをずっと見ながら、「あと何番……」と緊張しながら自分の番を待ちました。
―ヒップホップの人をB-Boyというそうですが、そのB-Boyが世界中から集まる「B-Boyサミット」というイベントに出演されたそうですね。
いつものようにラップと歌を演ったのですが、日本語混じりのラップに、「英語じゃないの? どこの国の人?」と思われたんです。でも、そのまま帰るのはイヤだと思ったので、マイクをぱっと投げて、本気で踊ったら、お客さんがドワーッと湧きました。ライブの後でプロデューサーが走ってきて、「すごかった」とハグしてくれました。「君のタレントは半端ないよ、絶対アメリカに来てやった方がいい」と言われて、最高に気持ちよかったです。
―殻を破ったという感じですね。そういう思いきったパフォーマンスをしたのはそれが初めて?
マイクを置くことはあっても、投げ捨てるまでの冒険をしたのは初めてでした。ガンッという音もしましたし、怒られるかもと思いました。でも、そこまで自分を持っていけたのはそれが初めてでした。
歓声を浴びたイベント「B-Boy Summit」
歓声を浴びたイベント「B-Boy Summit」

 

―お客さんがワーッと総立ちになって拍手してくれる瞬間、あれを起こしたのですね。それはもう緊張も一気になくなって感動に変わりますね。
「君は会場の端から端までジャックしている。視線の集め方を分かっている」と言われました。「普通は後ろのお客さんは見てくれないけど、君は全部の視線を持っていった」と。確かにそういう感じはあって、自分が「注目!」という感じを出しているのがわかりました。すごく良い経験をできたと思います。
―アメリカは日本と違うと思ったエピソードなどあれば教えてください。
スタジオでリハーサルをしているとき、おじさんがガラス越しに覗いていました。誰だろうと思ったら、あとでレコード会社のプロデューサーだということを知らされました。「あなたのリハを見てすごく気になったそうで、連絡が欲しいと名刺を置いていきましたよ」と。日本ではそういうことは絶対ないので、アメリカは出すものを出せたらこんなに早いんだと思いました。
―日本だと、たくさん営業して「しょうがないな、見に行ってやろうか」という感じですよね。
そう、オーディションを受けたりね。アメリカではそういう人たちが自ら足を運んで見にきてくれるんです。アメリカの音楽番組「MTV」で優勝したICE-Tという有名なラップグループが、ダンサーつながりで「一緒に曲を作ろう」と声をかけてくれました。それでハリウッドの山の上にある、ジャグジープールがあるようなスタジオでデモを録ることになったんです。すべて、テンポが速いんですね。
―その後の活動はどうなりましたか。
エイベックスにいたとき、ホイットニー・ヒューストンやマドンナをプロデュースしているベビーフェイスさんからオファーをいただいたり、LAに行く前にも有名なラップグループのウータン・クランのプロデュースのお話もあったりしたのですが、どちらもいろいろ問題があってかないませんでした。君は絶対アメリカに残ったほうがいいと言われたのですが、結局帰ってきてしまい、キングレコードでアルバムを作ることになりました。
―どうして帰ってきてしまったのでしょう?
アメリカのエンターテインメントは本当に好きなんですが、日本語には英語にできない含みのある奥深い言葉がたくさんあるので、日本語の歌詞をまだまだ書いていきたいという思いもありました。与謝野晶子さんの言葉の世界とか凄いですよね。
でもアメリカでの反応がすごく良かったし、今でも自分はアメリカのエンターテインメントにすごく向いているから、もう一度アメリカには行きたいですね。年齢は重ねましたが、ずっと足を止めずにやっているので、自信はあります。もう一度チャレンジしてみたいと思います。
―いろいろなオファーがあったり、良い出会いがあったりして、自分に自信がついたことがパフォーマーとして続けていく支えになったのでしょうね。
そうですね。ただ、文化など関係なく何もかも全部捨てて世界のスターになる、というような踏んぎりは自分自身にありませんでした。
―楽しくやりたいということですかね。自分が楽しめる価値観というか。
そういうことかも。そうか、今、自分の謎が解けました(笑)。
Advertisement

大切なパートナーとチャレンジのこと

ジョーさんとの思い出の写真
ジョーさんとの思い出の写真

 

―キングレコード時代のことについて教えてください。
自分の人生に大きな意味をもつことがありました。
アメリカで活動していたとき、「君が日本で活動するなら、2年間だけLAを捨てて日本に行き、マネージャーとしてMeyouを売りたい」と言ってくれたエンジニアがいました。ホイットニーやマドンナのエンジニアのアシスタントをしてたジョーさんというすばらしい方です。彼は28歳だったのですが、30歳で音楽人生を終えると家族との話し合いで決めてました。その「2年」は彼にとって音楽活動最後の2年という意味になります。それで本当にその2年を私にくれて、奥さんをアメリカに置いて、ポルシェを売ったお金で日本に来て、四畳半のアパートに住んでいました。
それでキングレコードに決まったのですが、あと半年というところで彼とレコード会社のそりが合わなくなり(よくある話ですが)、レコード会社からどちらかを選べと言われてしまったんです。「僕はいずれアメリカに帰らなければならないし、Meyouはキングレコードがすごく合ってて続けた方が良いよ。だから僕のクビを切って」と彼は言ってくれました。でも私の気持ちは迷うことなく最後まで日本で彼と一緒に音楽をやりたくて、ジョー君の半年を選びました。
「makelove」(2004年、キングレコード)
「makelove」(2004年、キングレコード)
半年後、彼はアメリカに帰ってメールでのやり取りになりました。音楽はきっぱりやめたけどまた一緒にやりたいなと書きあっていたのですが、彼は病気になってしまいました。結局治らず、亡くなってしまったんです。アーティストとしての私を心底愛してくれた人です。アメリカに帰ってしまうときもすごく不安だったんですが、今でも、「Meyouは悲しみも喜びも辛いことも全部を歌の栄養にできる人だから僕は心配していない、これからのMeyouがすごく楽しみだ」という彼の言葉をお守りにしています。
―最もMeyouさんの心に残る作品が生まれたそうですね。
キングレコードで出した「makelove」というアルバムはジョー君と一緒に作ったもので、とても思い入れがあるのですが、その中に「makelove」という曲が収められています。美しい小説のような曲で、今でもテンションによっては聴けるときと聴けないときがあるほど赤裸々に書いた曲です。日本ではあれ以上すごい曲はないんじゃないかと思うほど赤裸々に作りました。私にとって強烈なチャレンジでした。それを許してくれたキングレコードには感謝しています。
話題になった「make love」の歌詞
「make love」の歌詞が話題に
(クリックで拡大)
FMヨコハマの自分の番組でその曲をかけたら、若い男の子が「すごい曲ですね、あれはどこで買えるんですか」と質問してきたり、すごく反応がありました。面白いことに、教育委員会からも教育上よくないと連絡が来たりしました。その番組ではたくさんの曲をかけていますが、一瞬であれだけ反応があったのは初めてです。ある週刊誌で放送禁止曲としてこの曲のことを取材されて、私はインタビューで自分にとってチャレンジだったし、すごく尊い、愛のある「make love」を描いた曲だと話して、記事にしてもらったことがあります。
女性のファンの方から「Meyouさんのライブを見た翌日は、下着を買いに行ったり、化粧を変えたりすることがある」と言われることがあるのですが、そういう反応はすごくパワーを与えてくれます。すごくうれしくて。
―女性であることを思い出させてくれた、というような。
そうです。もういいやと諦めず、楽しみ続けてほしいんです。きれいになることはすごく楽しいのですから。
―その後、2006年にバンド「Jemstone」を結成されました。
バンドをやらないかという話はキングレコードの終わりくらいから来ていたんです。高校のときに自分でもバンドをやっていてバンドサウンドは好きだったので、Jemstoneを結成して活動することになりました。その後ユニバーサルレコードからソロのお話もいただいたのですが、今はバンドをやりたいからライブを見に来てくださいと言ったら、見に来てくださって、バンドもよかったからということでユニバーサルから出させていただきました。
―それから10年間はバンド活動をされていた時期ということですね。
命懸けでバンドを率いて、イベントなどいろいろやっていました。ユニバーサルには1年ほどいて、その間にはメンバーチェンジもありました。今はそんなにやっていないのですが。
―バンドで苦労したことはありませんでしたか。
各々のモチベーションが上がったり下がったりすることです。私は常に上げようとしていたんですが、人のことはなかなか難しいですね。大変ですが、そこがすごく楽しいところでもあります。
Advertisement

美空ひばり、都はるみ、そして石川さゆり

Meyouさん(アーティスト)

 

―その間、V6などにも曲やラップの提供をされていますね。
V6の曲を作っていた知り合いのミュージシャンから、クリスマスソングのラップ部分を書いてほしいという話をいただいきました。それでラップの仮歌を入れてV6さんにやっていただきました。MAXさんには直接指導しました。ライブ用のリリースを書いて指導しました。あとは缶コーヒーのジョージアのCFで、矢田亜希子さんや米倉涼子さん、佐藤江梨子さんのラップを指導しました。
―日本のアーティストですごいと思う人はいますか。
ジャンルとはかなり違いますが、崇拝している人は美空ひばりさんです。ひばりさんのブラジル公演の動画を見たんですが、ジャズを歌ってもオペラを歌っても、何を歌っても素晴らしい。いろいろなミュージシャンから、ひばりさんがすごかった話は聞きます。レコーディングも3回歌って終わりにしたとか。もちろん直接は知りませんが、昔のビデオなどを見ると、表現力も歌唱力も、あまりやりませんがダンスも、やっぱり半端じゃないです。
―演歌歌手は発声ができているからどのジャンルを歌っても素晴らしいと言いますね。リズムの取り方などは違いますが、美空ひばりはそれもこなしてしまっている。
オペラも彼女流にこなしてしまうんです。ビヨンセもオペラを歌っていて、やっぱり天才だと思いますが、ひばりさんも本当に素晴らしいです。映像で見てそう思うのだから、実際に見たら本当にすごかっただろうと。
あと、日本のアーティストの中では、AIちゃん(友達なんですが)やクリス・ハートはすごく素晴らしいと思います。
AIさんからもらったCD帯の言葉
AIさんからもらったCD帯の言葉

 

―クリス・ハートさんの歌は私も好きです。歌声がすっと耳に入ってくる。
AIちゃんもクリス・ハートも紅白にも出ていますが、2人とも演歌の方の「歌」を演られている。海外の曲も歌う特殊な方がとしては都はるみさん。あれはソウルだと言われますが、たしかにそう思います。とてつもないものを感じます。
―コブシって簡単じゃないし、ひとつの言葉にあそこまで気持ちをこめて発声できるのはすごいですよね。普通の人だと強弱のない棒のような歌になってしまいますが、演歌歌手が歌うと迫力が違う。本当にプロなんだなと思います。
曲をすごく大事にして、ひとつの作品として作り上げている思いがすごいんです。安室奈美恵さんのボイストレーニングをしていた方が、日本の音楽の全ジャンルの中で一番すばらしいのは石川さゆりさんだとおっしゃっていました。彼女も演歌の方ですよね。たしかにすばらしい表現力です。椎名林檎さんの曲を歌っていたのを聴いてすごいと思いました。
―音楽のプロとしてそう感じると。
深みと重みが違います。AIちゃんは、2017年のアルバムで帯コメントを書いてくれたんです。クリスは『上を向いて歩こう』を一緒に歌った動画などがYouTubeにあります。

そのふたりに共通しているのは、歌への思いが本当に深いんです。ふたりともスターになる前から知っていますが、スターになってもそれは変わりませんね。

Advertisement

無名の人がチャレンジして見出される時代が来た

バースデーライブ「Meyou B day live 〜MUSE〜全身全霊愛を込めて〜」(2021年6月17日)より(Vo Meyou/Pf Shinnosuke/Bs 土居"Don Don"みちたか/Gt Shu/Dr エノ マサフミ)
バースデーライブ「Meyou B day live 〜MUSE〜全身全霊愛を込めて〜」(2021年6月17日)より(Vo Meyou/Pf Shinnosuke/Bs 土居”Don Don”みちたか/Gt Shu/Dr エノ マサフミ)

 

―ボイスやダンスのトレーニングもやられているそうですね。
ファンだったシンガーの女の子が教えてくださいと来て、何度か断ったのですが、それでも来てくださり、その子をきっかけにボイストレーニングの講師をするようになりました。今は生徒も増えました。教えながら自分で紐解いているような感じです。ビブラート、声量、音程など、今までは意識していなかったことも、生徒に教えるために噛みくだいていくと、自分はこうやっていたんだ、体の中はこうなっていたんだ、こういうイメージでやっていたんだ、ということに今さらのように気づくんです。講師をしながら自分の勉強にもなっています。
―最近、すごいなと思ったことはありますか。
何年か前ですが、すごく感動したニュースがありました。
スーザン・ボイルさんが有名になった「Got Talent」というイタリアの番組に70歳の女性が出ました。オカダトモコさんという日本人ですが、着物で登場して、それを脱いでポールダンスをしました。70歳とは思えないパフォーマンスに審査員全員が総立ちになったということでニュースになりました。トモコさんはダンスの経験はなかったそうです。それでも「練習すればできる」と語りました。その一度決めたらやめないというチャレンジ精神に感動しました。彼女はもともと25歳のときにイタリアにオペラを習いに行ったんですが、60歳のとき、フランスでポールダンスに出会ったそうです。
今は、TiktokやYouTubeなど、無名の人が何かを始めてひょっとしたらひょっとする時代ですよね。小さい子であろうと年配の方であろうと素晴らしいものは評価されるべきから、ああいう番組は素晴らしいと思います。勇気をもらえるし、若い子にも見てもらってもらいたい。シンガーの若い子たちは年齢を気にして年齢の壁を作ってしまいがちですが、何かをやり続けて年齢を重ねることは決して恥じるべきではないし、怖がる必要などないということを伝えたいですね。自分も何かやろう、チャレンジしてみようと女性に生き生きしてほしいんです。
―最近、年齢は本当に関係ないですよね。
60歳を過ぎてたピアノを始めたYouTuberさんもいますよね。
―釣りか何かが趣味だったけど、それができなくなって奥さんに音楽を贈ることを考えたそうですね。
あれも感動しますよね。あきらめずに続ければ面白いことになる時代ですので、皆さん楽しんでいただきたいです。
―ダンスも、ネットですごいブームになっていますね。
たまに審査員をやらせていただいたりしますが、本当にすごいです。YouTubeで世界中の情報をキャッチできるので、みなさんすごく緻密なダンスを踊っていて、テクニックはすごいです。ただ、残念ながら今はクラブもストリートもないせいか、自由度が低いんですよね。私自身はそういうところでダンスを覚えていったので、ダンスもパフォーマンスも自由にできました。発想もやることも自由にできたんです。
―テクニックがすごい反面、型にはまっていて、同じように見えてくる部分がある?
もちろんそうではない人もいますが、もったいないと思います。もっと心を開放して、自由に楽しんでほしいですね。
―私はダンスはよく分からないですが、びっくりするほど若い子たちがいろやってトップにいたりするのを見ると、すごいと思います。顔つきも大人みたいで、年齢を聞いてびっくりします。昔に比べるとすべてが早くなっているようで……
そう思います。もう亡くなられましたが、YOSHIBOWさんという方がいらっしゃいました。素晴らしいダンスをされる方で、ジャニーズの指導などもして、神様みたいな方です。その方がレッスンのときに、「プロのダンスというのは振り付けをきっちり踊ることではない。振り付けなんか間違えてもいい。どれだけお客さんに楽しんでもらえたかが一番大事なのだから、ちまちましたことを気にするな。それよりお客さんを感動させろ」とおっしゃっていました。
―ひとりよがりなパフォーマンスは見ていても面白くないですよね。
たとえ音程を外したって、お客さんがワーッとなったらそれで大成功なんです。
Advertisement

“セクシー”であり続けること

撮影:ジェイムズ・フィー
撮影:ジェイムズ・フィー

 

―2000年にハリウッドで有名フォトグラファーに写真を撮られて、「セクシー&タフ」と絶賛されたそうですが。
影響というほどでもないのですが、海外のセクシーな女性を見て、ドキュンと来たんです。マリリン・モンローやマドンナもそうですし、50歳で007のボンドガールを演じたモニカ・ベルッチさんも、イタリアの宝石と言われるほどきれいな方ですが、今も年齢を重ねて美しくてセクシーです。そういう人を見るとパワーをもらえます。
―海外のセクシーは、かっこいいセクシーですよね。
そうです、品を失っていないんです。そういうセクシーにはすごくパワーをもらえるので、自分もそうでありたいということがあるかもしれないですね。
―今後は、どのような存在になっていきたいですか。
若い人たちにとっては、年齢を重ねることは怖くないし、素晴らしいことだと知ってもらえるような存在、それよりも上の方からは、人生をエンジョイする、楽しんでいくことを見つけたくなる存在でいたいです。音楽というのは楽しいことですから、ただ楽しんでいただきたい。何もプロを目指さなくても、歌が好きで歌うことは健康にも美容にもいいことです。音楽自体が素晴らしいので、人生を謳歌していただきたいなと、特に女性には思います。
アーティストとしてやりたいこととしては、今、新しいアルバムも作っているんですが、いつか映画を作りたいと思っているんです。
―自分を描いた映画ですか?
そうです。別にスーパースターではありませんが、逆にひとりのシンガーとしてどういうことを大事にしてきたか、ひとりの女性としてどう生きてきたかということを形にしたいんです。ジョー君にも登場していただきたいですし。
―楽しみですね。
できれば年内に自分で脚本を書いて、来年くらいには撮りたいですね。今のコロナ禍の状況がどうなるかわかりませんが、2、3年のうちに作りたいです。ライブシーンはハートが飛び出すくらいのすごいシーンにしたい。
―今お話した内容が映画になるということですよね! そのお話だけでイメージが沸いて見たくなります。
この時期にインタビューを受けさせていただくのはすごく嬉しいんです。コロナで気持ちが沈みがちになりますから、振り返ると同時に未来を語る機会を与えていただいたという意味で。
―女優業はされているんですか?
映画は何本か出させていただいたことがあって、良いお話があればもっとやりたいです。演技の勉強をしたわけではありませんが、以前ミュージカルに出たとき、歌とダンスと演技の中で演技が一番いいと宝塚のプロデューサーに言われたことがあります。ミュージカルは赤坂と宝塚でやったんですが、リハのときから100%入り込んで、毎回泣くシーンで本当に泣いていました。
―舞台で、観客が見ている前で泣けるのはすごいですね。
何ならプライベートも泣けます。向いているとは思います。
―今後も女優業に期待大ですね。
やってみたいですね。できる役は限られるかもしれませんが。
―最後に、直近の活動予定を。
今アルバムを制作しています。一緒に制作をしてくださっている方おふたりがすばらしくて、おひとりはSOUL’d OUTのSHINNOSUKEさん、もうひとりはEXILEや安室奈美恵さんに曲の提供をしているMICHICOさん。その3人で制作しています。MICHICOさんはアメリカに住んでいるんですが、「Meyouちゃんはやっぱりアメリカに向いているよ、海外でやった方がいいよ、やろうよ」と燃えています。
―昨年からはコロナでなかなか思うように活動できなかったと思いますが、これからが楽しみですね。
コロナで精神的に落ち込んでいらっしゃる方が多いんじゃないかな、と思います。でも人生は考え方、捉え方ひとつです。コロナだからこそできることもある。私はコロナ前までライブが忙しすぎて制作する時間がとれませんでした。学ぶ時間もできました。皆さんもいろいろ戸惑うことや辛いこともあるでしょうけれど、心には常に太陽を持って、自分磨きを楽しんでいただきたいです。今のうちにキレイにしちゃおう、と楽しんでいただけたら。

Meyouさんのバースデーライブで

キニナルWEB インタビューを終えて
インタビューのあとまもなくバースデーライブがあったので思わず観に行ってしまいました。素敵なバンドの演奏で歌うMeyouさん、かっこよかった~! 今後の活躍がますます楽しみになりました!キニナルWEB

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事