お城の「家老」として活躍する。
この働き方は古いのか、新しいのか。

お城の「家老」として活躍する。<br>この働き方は古いのか、新しいのか。
尼崎城家老・大西淳浩氏(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。)
尼崎城家老・大西淳浩氏
キニナルWEB ここがキニナル!
阪神電車で大阪-神戸間を往復する人は気づいていたと思う。尼崎駅前に唐突に現れる不思議な「お城」の存在に。2019年春に公開された尼崎城とは、いったいどんなお城なのか。「?」マークを飛び出させながら、尼崎城の「家老」を務める大西淳浩さんに会いに出かけた。(インタビュアー:吉川公二

尼崎城を守る4人の家老たち

 

――大西さんはこの尼崎城の「家老」なんですよね。
私の仕事は、尼崎城に関する様々な企画・広報などブランディングをすることです。日本の歴史が好きで、日本史に関する分野もひとつの柱にして活動を続けています。それを知った尼崎城の指定管理会社から、私に声をかけていただきました。
尼崎城は、もともとはミドリ電化の創業者、安保(あぼ)詮(あきら)さんが再建して尼崎市に寄贈されたものです。尼崎が創業の地だったことも寄贈された理由でしょう。お城を再建するというのは、大変お金がかかります。篤志家が協力しないとできることではありません。久留米城や、和歌山城、今治城などもそうです。
――はあ、なるほど。篤志家がお金を出して再建した城というのは全国にあるのですね。
ただ、建立しても維持しつづけるのがまた大変です。尼崎城の場合は尼崎市が管理し指定管理者が運営をする形になりました。
――大西家老は、やはり子ども時分から日本史好きだったのですか。
そうですね。歴史好きの父親の影響で時代劇もよく見ていましたし、家には歴史に関する本や資料もたくさんありました。ドラマで水戸黄門が北海道に行った回では、父は「これは嘘や!」と力説していました(笑)。かつての大河ドラマは、衣装や時代考証などもよくできていましたよね。私も、「黄金の日日」や「花神」、石坂浩二が上杉謙信を演じた「天と地と」などは、本当にその時代に行ったかのような気持ちで見ていました。
――「花神」は私も見ていました! 中村雅俊がよかったです。
それでオファーされて、日本史好きとしては、ぴったりだったわけですね。

いやー、最初は悩んだんです。歴史好きの身としては、お城はやはり「木造再建」でなければと思っています。だから木造ではなく、エレベーターもある城というのはいかがなものか、と思いました。ただ、現在の尼崎城は文化庁の管轄ではなく、美術館でも博物館でもありませんから制限も受けずに自由に発信ができます。それはちょっと面白いことではないかと思い、お引き受けしたわけです。
――本当の「家老」というのは何をする人ですか。

「家老」というのは、その組織の方向づけや管理の役目を負っていた人です。今でいうと、学校の教頭先生に近いかもしれません。現場をきちんと把握し、間違いがあれば正すという重要な職責を担っていました。「家老」の上は「藩主」で、それ以上の職階はありません。あと、江戸時代から「家老」は一人ではなく、複数人の合議制です。この尼崎城にも実は4名の家老がいるんです。私が企画・広報などブランディングを担当する家老というわけです。
家老のはっぴ(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。)
はっぴには「家老」の役職名が。

 

――他の家老たちの担当は?

尼崎城の筆頭家老は、お城の全体管理をしています。また運営を担当する家老が2名います。家老の他には「大目付」や「奉行」など、様々な肩書で働いている人がいます。こういう肩書制度も、知る限りありませんでしたので尼崎城に取り入れました。お客様にも「家老様!」とイジっていただけるので楽しいです。
――大西家老が出演しているテレビを見たことがありますが、具体的にはどんなことをしているのでしょう。

尼崎城の今後を見据えた計画を創っています。お城の演出もしますし、WEB・SNSの発信をしたり、取材を受けたり、各メディアと広報的な調整もしています。グッズの開発などもしていますね。
――どんなグッズがあるのですか。

尼崎城グッズ(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。)
噂のマスキングテープとコラボお菓子「シロチュウ」。「お好きな方は大人買いして帰っていきます(笑)。」

 

一番象徴的なものとしては、江戸時代に描かれた尼崎城の「絵図面」をそのままマスキングテープにした商品です。60センチでお城を一周するようにデザインしてあります。お城の内側から描かれている図面というのは本来なら門外不出のものですから、かなり貴重なんです。
また、森永製菓さんとオリジナルの「ハイチュウ」を作りました。その名も「シロチュウ」(笑)。「ハイチュウ」はもともと尼崎の塚口工場で誕生したもので、そのご縁でコラボさせていただいたんです。すぐに売り切れましたので、現在、第2弾を企画中です。
Advertisement

駅から5分の城は、「大阪城を守る最後の砦」だった

尼崎城(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。)
堂々たる尼崎城の全景

 

――駅から5分というロケーションの城は全国でも類を見ないのではないでしょうか。

尼崎城は明治6年の廃城令まであったお城です。元の天守だった場所は、ここから200メートル離れた現在の明城小学校のあたりです。今のお城があるのは元の西三ノ丸跡です。明治維新を主導したのが薩摩・長州藩でしたので、徳川の親戚が守っていた尼崎城は、国内城郭の中でも徹底的に潰された城とも言われています。
お城は政治・経済や文化の中心に位置しています。そのような要の場所に阪神電気鉄道が架線し、駅を作ったわけです。おそらくですが、尼崎城は、主要な電鉄駅から最も天守が近いお城ではないかと思います。
――ということは、当時のものは何も残っていないのですか。

それが、結構残っているんです。お城は消えましたが、古文書や当時の写真などは、すぐ近所にある歴史博物館や尼信博物館などに収蔵・展示されているので見る事ができます。市民の方はじめ、尼崎城を知る機会は意外と多いんですよね。
――城内だけでなく、お城の周辺でくつろいでいる方も多いですね。そもそもお城にはどんな役割があったのでしょう。

総合的な施設です。戦国時代においては闘う場所であり、江戸時代では政治をする場所でした。尼崎城の場合は、そういう役割に加えて、大阪湾に入ってくる船を監視する役目もありました。12キロ先の大阪城を守る最後の砦でもあったわけです。江戸時代の兵庫県内では、天守のある城は、姫路城と尼崎城だけと言われています。

尼崎城石垣(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。)
 

――日本のお城の魅力とは何でしょうか。

尼崎城は再建されて3年目ですが、多くの市民の方にも「お城を見ると尼崎に帰ってきたという気になる」と言っていただけるようになりました。そのような意味では、お城というものは地元の方々の「シビックプライド」というか、心のよりどころのような存在かもしれません。来城者も年々増える中で、市民の方々のお城に対する愛情のようなものを感じています。全国にあるお城にも、きっとそういう存在価値があるのだろうと思います。
――尼崎城にしかない特長はどんなところですか。

城内では、鉄砲体験や剣術体験などができ、VRシアターなどで歴史も学べます。南側には芝生広場、北側には緑豊かな公園や忍者修行をイメージした児童公園があります。様々な世代の方々にコンパクトに楽しんでいただけるところが特長です。シニアの方が広場で読書されたり、若い方々が緑の中で写真を撮ったり。児童公園では子どもたちが遊んでいます。そんなお城はありそうで、なかなかないと思います。
尼崎城内(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。)
パネル展示と芝生広場

 

――お城や城下町さん同士の横のつながりやネットワークもあるんですか。

全城協(全国城郭管理者協議会)という天守のあるお城を中心にした団体があり、首里城を入れて50城が加盟しています。それ以外にも大阪城・岸和田城とともに「三城連携」というネットワークを組んでいます。大阪城を西側で守る最後の要が尼崎城で、南側の守りの要が岸和田城だった、ということで連携しています。今後、スタンプラリーやエクスカーション(体験型の見学会)、謎解きイベントなどを一緒に行っていく予定です。電鉄会社や自治体なども加わって、面で盛り上げていきます。
――私は熊本地震の支援で現地に行ったのですが、熊本城の惨状を目の当たりにして心が傷みました。

兵庫県内では、尼崎城や姫路城は、コロナ禍でがんばる医療従事者を応援するために青色のライトアップを実施したりしています。お城にはそういった発信力があるんです。日本人にとって単なるシンボル以上の意味合いがあるのかもしれません。
今の混沌とした状況の中で、お城がある町とない町ではやはり違うと感じています。お城自体が心のよりどころとなり、お城から元気な発信をしていけば、市民の方々に自然と元気が伝播していくような気がしているんです。だからスタッフにもお客様に元気MAXで挨拶してお迎えするように言っています。そういうお城の役割を、どこのお城よりも率先してリードしていきたいですね。
Advertisement

崔洋一監督の「叱られ役」だったことも

尼崎城家老・大西淳浩氏(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。)

 

――そもそも大西家老はどんな経歴の方なのですか。

社会人の1年目は、CM制作の世界にいました。大阪のコテコテのCMです。(笑)そのあと大手広告代理店の系列でCM制作を続け、その後に神戸製鋼所の宣伝畑に移り、阪神大震災後に神戸製鋼所がヴィッセル神戸を支援することになって、私がPR担当で行きました。面白かったのですが、大変なこと多く、いい経験をさせていただきました。神戸を震災から復興させる事業としてアスリートタウン構想が立ち上がり、構想を実現するNPOでも企画をしていました。その後、神戸ファッションマートに移り、様々な発信やPRの仕事をした後に、歴史やグラッフィクを中心にトキトキ堂という屋号で仕事をしています。尼崎城の家老はそれらの仕事の一環です。

――当時の面白いエピソードとかないですか。

大手広告代理店の系列に居た時に、インスタントラーメンのCM演出を映画監督の崔洋一さんが担当されたことがありました、私は製作で助監督的な役割だったんです。そうしたら監督のこだわりがすごくて、最適なラーメンの湯気を出すのに3日間徹夜しました(笑)。当時はCG技術なども発展途上でしたから、すべてアナログです。苦労しましたね。京都の東映のスタジオで50人近いスタッフがじりじり待っている中、監督も誰かを怒らなければならない。それが私でした(笑)。現場にはそういう叱られ役も必要なんです。大変な緊張の現場でしたが、今から考えると多くのことを経験できたので、面白かったし、腹が座りました。最後に崔洋一監督からスタッフ全員の前でねぎらいの言葉をいただいたのは一生忘れません。男泣きですよ。(笑)

――ところで、世界史には興味は広がらなかったのですか。

世界史ですか……。興味ありません(笑)。プライベートでの海外旅行も興味ゼロです。まず日本のことを知らずして、なぜ世界に行けますか!と常に思っています。日本には良い場所がいっぱいあります。そして日本は、どの場所を切り取っても「歴史」が出てくるのです。

――世界中にもお城はたくさんあると思いますが……

すみません。興味ないですね(キッパリ)。
Advertisement

「日本一面白い城にする」という壮大な計画

尼崎城(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。)
尼崎城全景

 

――尼崎市は関西で「住んでみて良かった」地域のトップだとか。尼崎の良さはどんなところなんでしょう。

私は西宮市生まれで、武庫川を隔てた尼崎は、身近ではあっても「よく知らない場所」でした。尼崎城の仕事をすることになって神戸から引っ越してきたら、ものすごく便利なことがわかりました。名神高速や阪神高速の入り口がすぐ近くで、新大阪駅や伊丹空港にもすぐに行ける。阪急・JR・阪神電鉄が通っていて、大阪や神戸へのアクセスも抜群です。商店街や大型の商業施設などもたくさんあります。
――兵庫県なのに、市外局番が大阪と同じ「06」って本当ですか。

本当です。経済圏がほぼ大阪だから「06」の市外局番を買ったそうです。阪神タイガースも甲子園が本拠地なので、ある意味西宮(兵庫県)の球団ですが、甲子園も含めて全国的には大阪だと思われています。このあたりはそうした場所なのかもしれませんね。
――「忍たま乱太郎」作者の尼子騒兵衛さんも尼崎ご出身ですよね。

尼子騒兵衛さんはご近所にお住まいで、講演などもしていただいています。尼崎は「忍たま乱太郎」ファンの「聖地」です。アニメの原作漫画「落第忍者乱太郎」では、忍者の名に尼崎の町名が使われています(私は下坂部町に住んでいるのですが、「下坂部平太」というキャラが出てきます)。これからは「落第忍者乱太郎」と連携した展示や企画もできそうですね。
――大西さんがお城を通じて伝えたいことは何ですか。

姫路城や彦根城のような国宝級のお城は、昔の歴史をそのまま背負っているお城です。歴史を垣間見ることができる、とても大切な存在です。尼崎城は再建された新しいものですから、そうした役割とはまた違います。駅から5分で来られて、天守の最上階までエレベーターで行けます。文化庁にも関係ありませんので、新しい企画や発信もすぐにできます。お客様のお声などにもすぐに対応できます。これからは、尼崎城の歴史はもちろん、尼崎全体のPRにも更に貢献していきたいですね。また、地域との連携もさらに深化させていきたいと考えています。
――これからどんな企画を立ち上げますか。

これまで語り尽くされていなかった尼崎の歴史を、再建されたお城によって子どもたちにより身近に感じてもらい、もっと学んでいただけるようにしたいです。市民のシビックプライドを醸成していきたい。課外学習などで使っていただいたり、卒業アルバムの記念撮影場所としても使っていただきたいです。いつまでも残るものですから、定期的に思い出していただけます。
尼崎城を日本一面白いお城、今よりもさらに歴史が学べて十分に遊べる場所にしたいですね。全国に先駆けてお城の良さをスピード感を持って街の活性化につなげたい。私たちもお手伝いして、各地にお城の活性化をプロデュースする「お城のプロ」が育てばいいと思うんです。呼んでいただければどこにでも行きます。
――大変興味深いお話をありがとうございました。

尼崎城内(お城の「家老」として活躍するという働き方。この働き方は古いのか、新しいのか。

キニナルWEB インタビューを終えて

全国に「お城で働いている人」が何人いるかは分からないが、「家老」の肩書で働いている人は少ないだろう。尼崎城を「日本一面白いお城にする」と断言された大西家老。市外局番「06」の尼崎市にある、都会型のお城らしい目標ではないか。このお城は、単なるランドマークやシンボルではなく、有機的に世代を超えて人と人とをつなげていく装置であった。かつての名CMプランナーは、尼崎城を舞台につねに面白いこと、かつて誰もやっていないことを考えている。尼崎城がリードして、全国のお城がさらなる「よりどころ」、そして「共生の場」になっていく日も近いと思った。

(写真:河北航太)キニナルWEB

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事