ハワイに行ったことがなくてもハワイアンジュエリーを愛したくなるお話

ハワイに行ったことがなくてもハワイアンジュエリーを愛したくなるお話
ハワイに行ったことがなくてもハワイアンジュエリーを愛したくなるお話
キニナルWEB ここがキニナル!

どんな産業、カテゴリーにも、本物を貫いてがんばっている企業が存在するもの。JR恵比寿駅のすぐ近くで、ハワイアンジュエリーの工房や、専門職人を育てるジュエリースクール「ラヴァーグ」を運営する、日本最大級のハワイアンジュエリー専門ショップ、プアアリ(PUA ALLY)

プアアリを運営する株式会社ジェイボックスの代表、松尾琢磨さんに、ハワイアンジュエリーの奥深さ、業界の課題などについて、お話を伺いました。

ハワイアンジュエリーが人生のもたらすもの

――あえて、ちょっと堅苦しい質問から。そもそも、ハワイアンジュエリーは、人々の人生に何をもたらしてくれるのでしょうか。
まず、ハワイアンジュエリーは個性的なジュエリーです。デザインも独特で、好きな人はずっと好きなので、流行り廃りにあまり振り回されずに、安定した人気があります。
――なるほど。たしかにそこまでメジャーな印象はないですね。では、どんな人がハワイアンジュエリーを買っているのでしょう。
プアアリを運営する株式会社ジェイボックスの代表、松尾琢磨さん
ハワイにいい思い出がある、人生で何度かハワイを訪れているような人や、ハワイアンジュエリーがもつ意味が好きな人などがファンになってくれています。
ハワイに関係する仕事をされている人たちも多いんです。海や波乗りが好きだったり、フラダンスをやっていたり、ハワイアンショップやハワイアンフードのお店で働いていたり。そういう方たちが、ハワイを愛してることを周りの人に伝えるためにジュエリーを身につけていらっしゃいます。
――自分が好きなものに関係するものや、良い思い出や気持ちが込められたものをいつも身につけるのは、いいものですね。特にジュエリーは、人に気持ちを贈ったり、贈られたり、気持ちを大切にするために自分用に買ったりするものです。
そういう意味で、ハワイアンジュエリーは、それを買う人の人生を豊かにしていると思います。
――ところで、ハワイアンジュエリーって、独特の模様をしていますが……。
ハワイアンジュエリーの模様は、もともとポリネシアに点在している入れ墨の文化から発生しています。家族や部族、仲間をしっかり守っていくというメッセージを発信するような機能が、入れ墨にはあるんです。この入れ墨の文化の源流には、自然に対する畏怖や感謝の意味があります。人間は海や雨といった自然の神様のおかけで、タロイモなどの食材を採る事ができたり、魚を捕らえる事が出来るので、生きていく事が出来る。という考えがあるからです。
――へえ~、そういう、機能的な側面もあるのですね。入れ墨というと抵抗がありますが、ハワイアンジュエリーなら、オシャレで、美しい印象ですよね。
日本でも、各地のお祭りは、豊作や大漁など自然の神様に対して感謝する気持ちを忘れないためのものですよね。ハワイアンジュエリーを着けている人の多くは、そういった自然を敬うことの意味を理解して着けています。仕事が忙しかったり、子供が言うことを聞かなかったりすると、そういった大切なことをつい忘れがちになってしまいますが、自然の大切さ、そして家族や仲間の大切さを思い出させてくれるものでありたいと思って、ハワイアンジュエリーを作っています。
――こんなお話を聞くと、改めて、ハワイアンジュエリーの独特な模様の意味についても興味が湧いてきます。それでも、ハワイアンジュエリーの魅力を知る前のほとんどの人にとっては、少しハードルが高い気がします。
Advertisement
1 2 3 4 5

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事