激動の境遇からレンタルスペース事業に挑む不動産業界の「美しすぎる社長」

激動の境遇からレンタルスペース事業に挑む不動産業界の「美しすぎる社長」

施設の子たちの希望を目指して司法試験を受けた

若杉真里さん

―そして転機が訪れた?
23歳になったとき、自分の中で大きな変化があり、大学に行こうと決意しました。すぐに大学受験の予備校に入り、3カ月ほどの準備期間を経て、24歳で立教大学の社会人入試で法学部法学科に入学しました。
1年生のうちは毎日授業が入っていて大変でしたが、2年生からは授業のある日をまとめることもできました。大学に行かない日には仕事を入れて、働きながらスケジュール管理していました。
―立教大学を卒業して、さらに早稲田のロースクールに入られたそうですが。
今となってみると、不動産業界に入ればよかったと思いますが、当時はとにかく弁護士を目指して司法試験に受かることばかりを考えていました(笑)。弁護士にならなければ私の人生には意味がないと思っていました。
―なぜ弁護士になりたかったのですか。
やはり自分の生い立ちが大きかったと思います。先ほども話したように、養護施設の子どもたちの半数は鑑別所や少年院に送られていきましたが、心根は良い子たちばかりです。でも、自分の存在意義や自分の力を誇示するには、暴走族に入ったり、カツアゲをしたりシンナーを吸ったりという方法しかなかったんだと思います。大人になってから、そのころのことを思い起こし、少年犯罪に携わる弁護士の本を読むうちに、少年犯罪を扱う弁護士になりたいと思うようになりました。
施設の子どもたちは人生をあきらめていることが多いんです。卒園してから会うと、女の子は水商売や風俗に入ったり、早く結婚して計画性のない子だくさんで苦労していたりする。男の子はホストやボーイ、土方になっている。それらの職業が決して悪いわけではありませんが、私が弁護士になったら、他の道もあるということを知ってもらえると思いました。彼らの希望になりたいと思ったんです。
―それから不動産業界に転身。
ロースクールを卒業して5年間で3回受験しました。1回目は短答で落ち、2回目、3回目は論文試験の点数がギリギリ足りずに落ちました。その後、パラリーガルもやってみたのですが、事務作業には向いていないことがわかりました。だから弁護士もならなくてよかったのかもしれません(笑)。今思えば、不動産の方がより動きがダイナミックですし、弁護士に比べれば、誰かに恨まれるということもありません。

「自分が動かずに収入を得る方法」を見つけた

レンタルスペースのポータルサイト「アリエ・スペース」

―その後、結婚されご出産。育児をしながら働く不便さから、今のお仕事につながっていったと。
子供が0歳11カ月のとき、保育園に入れて仕事を再開しました。最初に就いたのは、公務員試験の予備校で法律を教える仕事です。でも、子どもは毎週のように保育園で病気をもらって熱を出すことが多く、そうなるとつきっきりになりますので、月の半分も働けないことがしばしばありました。時給仕事ですから収入がどんどん減ってしまう。自分が動かずにお金を生み出す方法を見つけなくてはと焦るばかりで、完全にお尻に火が点いていました。子供が熱を出すたびにその日もらうはずだったお給料が飛んで行ってしまうような働き方だったんです。
そんなときに、加藤ひろゆきさんの「まずは100万円で一等地の空き家を買いなさい」という本を読みました。この本は衝撃でした。あまりにも現実離れしたことばかり書いてあるので、他の不動産関係の本を読みあさって勉強しました。
―そしてたどり着いたのがレンタルスペース事業だった。
不動産を勉強してたどり着いたのが、レンタルスペース事業でした。どのサイトか忘れましたが、個人でも貸し会議室・レンタルスペースビジネスはできると書いてあるのを見つけて、「これだ!」と思いました。
最初に目を付けたのは、レンタルスペースのポータルサイトです。「スペイシー」は知っていましたが、ポータルサイトはまだ少なかったので、それを作れば良い仕事になると思いました。着手したのは、もう3年ほど前になります。ようやく完成に近づいていますが、まだ運営はスタートしていません。きちんと機能を備えたポータルサイトを作ることの難しさを3年かけて思い知りました。
―サイトを作りながら、ご自分でもレンタルスペースを手がけるようになったのですね。
使い勝手の良いポータルサイトを作るには、掲載者、つまりレンタルスペースのオーナーの気持ちを知らなければならないと思い、まず大宮で貸し会議室の運営を始めたところ、オープンした次月から5万円以上も純粋な手残りがあり、好調な滑り出しでした。ビジネスとして良いものだという手応えを感じました。月あたり5~8万円の利益になり、約50万円の初期投資は10カ月かからずに回収できました。
そこで2室追加し、少し間を開けてさらに2室オープンしました。月の純粋な利益が20万円を超えるようになって、塾講師の時給仕事をする必要がなくなりました。
―コンサルティングもするようになりましたね。
もともとはポータルサイト運営を本業にしたいと思って、サイト構築に資金を投入していたのですが、そうこうしているうちに、不動産投資を行う方たちから「スペースを作ってほしい」という依頼を受けることが多くなりました。「大家セミナー」で知り合った不動産の大家さん、貸会議室のオーナーさんの知り合いです。最初はそうした方たちのスペース作りを無料で手伝っていました。そのうち、物件探しから内装デザイン、備品調達から運営まで、まるごと1件お願いしたいという依頼があちこちから来るようになりました。
―それはいつ頃からですか。
2018年の終わり頃だったと思います。2019年春になると、4、5件の依頼を頂くようになり、レンタルスペースのセミナーも開くようになりました。1回のセミナーに10~15名が集まってくださり、受講後に依頼くださる方も増えました。
不動産業者の知り合いに声をかけたり、楽待新聞に2回ほど広告を出したりして集客しましたので、意識が高く、不動産に精通する方が多かったですが、初めて不動産に携わる方もいらっしゃいました。どの方も、今ではレンタルスペースで利益を出されています。
―今一番力を入れているのは?
貸し会議室・レンタルスペースの作成・プロデュースです。設営や撮影は業者やカメラマンを入れますが、最初の物件選びには、どうしても目利きの力が必要です。物件の良し悪しを判断するのは、今の段階では私以外にはできないと思っています。
信念として、むやみやたらに数を増やすことは考えていません。数を増やせば儲かるとわかっているのですが、じつは貸し会議室で利益を出せる物件は本当に少ないんです。不動産業者は頑張って貸し会議室OKの物件を紹介してくれますが、私はそこからさらに振り落として、厳選物件だけを扱っています。
1 2 3

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事