体当たりのバックパッカーで世界一周した女性経営者に元気をもらった

体当たりのバックパッカーで世界一周した女性経営者に元気をもらった
体当たりのバックパッカーで世界一周した女性経営者に元気をもらった
久野華子さん(株式会社トライフル 代表取締役)
キニナルWEB ここがキニナル!
私、榎並もですが、海外旅行好きにとって、このコロナ禍は本当にうらめしいですよね。そこで今回は、300日の世界一周で40ヶ国に滞在、得意の英語を生かして体当たりで70以上の国の人と交流した久野華子さんとお会いして、元気をもらいたいと思います。リアルでディープな異文化交流体験ももちろん参考になりますが、世界一周で久野さんがたどり着いた境地はどのようなものだったでしょうか?(インタビュアー:榎並千陽

「逃げちゃダメだ」と世界一周の旅へ

 

―世界一周は、久野さんのもともとの夢だったのですか?
父も若いころにバックパッカーで海外放浪して、その話を聞かされていたので、子どものときから世界一周に行くのが夢でした。でも「世界一周」ってやっぱりハードル高いですよね。危ないかもしれない、お金もかかる、時間はどうする……いろいろな理由をつけて、「老後になったらね」とあきらめていたんです。
―お父様はどんな方なのですか。
1年くらい、ヨーロッパなどを回ったみたいですが、エジプト行きの飛行機で、降りないといけないのに寝過ごして大騒動になったらしいです。そんな父からはすごく影響を受けています。海外に対する興味が強い人で、私にも3歳から英会話に通わせてくれて感謝しています。
―その夢を実現することになったきっかけは。
当時の私は入りたい会社に入り、行きたかった部署に配属されて、やりたかった仕事をしていました。女性が活躍していて、産休や育休の制度などもちゃんとしている会社です。私も入社するまではばりばりキャリアを築いていくとイメージしていました。ところが数年経って違う視点で見るようになると、キャリアを築いている方は、お子さんがいらっしゃらない方、結婚していない方ばかりだと気づきました。出産した方は産休や育休から戻るときには大変な思いをされていました。同じチームの先輩は、保育所がいっぱいで復帰の時期がずれ、何回もお子さんを連れて会社に謝りに来ていました。復帰した後も時短勤務のはずなのに謝りながら6時に退社していた姿を今でも覚えています。私よりずっとできる方なのに、なぜあんなに肩身が狭いのか、謝らなきゃならないのか。自分にもああいうことができるだろうかと考えて、無理だと思いました。
―なるほど。
それで辞める決断をしたら、お世話になっていた方に「お前、逃げてるんじゃないか」と言われたんです。
私は本来、やりたいと思ったことは反対されてもやり切る性格で、すごくしぶといんです。就活でも、理系の大学から文系の会社に就職することをみんなに反対されましたが、全部押し切って貫いた。なぜ今、自分がやりたいことをあきらめるのか。言い訳している自分と決別したいと思いました。今まで逃げていたこと、一番難しいことをやり切らないと、自分が好きなことから逃げてしまう自分になると思いました。
そんなとき、本屋さんで「世界一周へ行こう」というポスターを目にしたんです。世界一周だ、これがしたかったんだ、と思いました。世界一周に行かないと、このままいろいろなことから逃げることになる。そう思って、半年後には旅に出ました。
―半年の準備期間にしたことは?
世界一周に行くと決めたのはいいですが、半年だけ雇ってくれるところがなかなかなかったので、困って派遣のアルバイトをしていました。それが現在の仕事にもつながっています。資格をとるために学校に通っていたので、それが終わるタイミングでもありました。
―何か変わらなきゃと思っても、実際にやりたいことを見つけるのは難しいですよね。
アンテナを立てておくことはすごく大事だなと思います。
―ところで、バックパッカーで世界一周したというと、物怖じとは無縁そうですが。
いえ、けっこう引っ込み思案でした。人前で話すのにも緊張するタイプですし、母親から離れないので迷子になったことがないほど怖がりな子でした。
―社会に出たことで変わった?
大学生のころですかね。それまでは親が厳しくて自由にやりたいことができませんでしたので、大学では片端から挑戦して失敗しました。その中で良い経験や人に恵まれて、自分なりにやりたいことができたんです。理系大の工学部で、就職するのはクラスに3人くらい、ほとんどの人は院へ行って専門職に就きます。文系に就職するのはクラスで私1人で、変人、落ちこぼれと言われました。
私は負けず嫌いですから、周囲から認めてもらえないことが悔しくて、「絶対に結果で見返してやろう」と思いました。それで入った会社で、社員代表としてテレビに出たりしたころから、「あいつはすごい」と見られ方が変わった。結果だけで人の見方って変わるんだと思いました。せっかく理系の勉強をしたのにと言っていた親も、生き生きと頑張っている様子を見て応援してくれるようになりました。結果を出すことで自分の選択が正しかったと証明したかったから、すごく努力したんです。
―努力して、物怖じする性格を変えていったということでしょうか。
今でも根本は変わっていないのですが、少し勇気を出すことで一生の友達を得られたことが大きいです。誰でも知らない人に話しかけるときには勇気が要りますよね。でもそれで良い結果が出たという経験を積み重ねれば、ためらわずに勇気を出せるようになります。私はトレーニングをしてそれがわかりました。それでも、話しかけたり、何かに飛び込んだり、大声を出すときには今でも勇気が要ります。
―旅行に行ったことでまた変化したのでは?
決断力や行動力が上がったと思いますが、変化というより、もともとの自分が出てきたという感じですね。浅い付き合いの人からは変わったと言われますが、仲のいい友達には、びっくりするくらい変わっていない、私らしいと言われます。
世界一周に行ったことで、それまで縛られていた社会規範や常識、周りの期待から解放されて、いろいろな価値観があってどれも正解という気持ちになれました。表面的に合わせてきていたことが取り払われたと思います。
―きっかけになった体験があれば教えてください。
ロサンゼルスとメキシコでの体験でしょうか。
ロサンゼルスでは、現地の人と交わりたくて知人宅にホームステイさせてもらったんですが、かなり個性的な家族で、マシンガントークに圧倒されて、最初は猫をかぶって大人しくしていたんです。ところが、お友達がWEBで商品を売るというのでアドバイスしたら、「あなたには才能がある」と言われたんです。「さっきまで物怖じして小さくなっていた女の子とは別人みたいだ、仕事の話になるとすごく生き生きしている、あなたには才能があるからそれを頑張りなさい」。すごくうれしくなりました。
―自信をつけるきっかけになった。
メキシコでは、パリで会ったメキシコ人の友達の街でホームステイしていました。私は日本から来た、職もないただの旅人だったのですが、その子のおばあちゃんから声をかけられました。友達によれば、「孫の友達がすごく遠い国からから来てくれた」とすごく喜んでいると。自分がいるだけでうれしく思ってくれている人がいるのがすごく新鮮で、感動しました。日本では何か成果を出さないと価値を認めてもらえないのに、いるだけで価値を感じてもらえるなんて、と。それから、誰でもそこにいるだけで価値があると思うようになりました。
―最初の世界一周から帰ってきて、また半年後に2周目に出発したんですね。
1周目の旅行の最中から、もう1周すると決めていました。1周だけでは行きたいところに行ききれなくて。アジアをあまり回れなかったですし、1周目でブラジルが大好きになって2回行ってしまったので、他を回る時間がなくなってしまったんです。
ブラジルは開放的な気候で、国民性も親日的で、底抜けに陽気で、いつもジョークを言い合っているような感じです。最初に行ったのはカーニバルのときで、リオデジャネイロでは現地の人はずっとパーティなんです。ブロッコという路上パーティに出て、ちょっと寝てまた昼パーティ、夜パーティというのが1週間くらい続きました。
―ブラジル人って、みんなお酒強そうですよね。
強いです。ほぼ毎日カイピリーニャを飲んでいました。路上で友達になった人もいます。ブラジルで知り合った友達とはその後も結構続いています。帰国してから、カーニバルのときに路上で仲良くなった小さな女の子と男の子の写真をインスタグラムに上げたら、「その写真は僕です」と連絡が来ました。
―ブラジルのお友達とは今でも連絡を取り合っているんですね。
今でも連絡を取り合っている人がたくさんいます。ポストカードやメールをやり取りをしたり。誕生日に急に国際電話で「おめでとう」と言われたこともあります。本当に大事な友達です。
ブラジルは、行くまでは発展途上国で犯罪も多くて治安も悪いと聞いていたので、イメージが悪かったんですが、行ってみたらすごく好きになりました。落差かもしれないですね。
Advertisement

日本人は、世界一周しないと損?

ブラジルといえば…
ブラジルといえば……ダンダカ ツカタッ!

 

―バックパッカーには憧れるけど、語学力がないから……とあきらめる人が多いのでは?
語学力がなくても旅している方はたくさんいます。日本人バックパッカーで私より英語が話せた人はほとんどいないほどで、ほとんど話せない人もたくさんいました。もちろん話せたほうが現地の方と交流できますが、旅すること自体に語学力は必須ではないんです。
―言葉の問題で苦労はしなかった?
最初にニューヨークに行ったときは、一応、英語で自分の意思を伝えられるものの、たどたどしかったですね。ネイティブの英語ってすごく速くてついていけないんです。頑張って英語で話したいと思っていましたが、かなわないと思い知らされました。
ニューヨークで泊まった家は奥さんが日本人、旦那さんがアメリカ人で、娘さんがハーフでした。奥さんは日本人なので話せる、娘さんの言うことも少しわかる、でも旦那さんの話は一切わからない。頑張って英語で話して奥さんやお子さんに助けてもらっていたら、旦那さんが「僕がいると話がつまらないだろうから、別でご飯を食べるね」と言って、ショックでした。何年後かにまたお邪魔させていただいたときは、ご家族3人でお酒を飲んで、ある程度普通に話せるようになり、本当に頑張ってよかったと思いました。
―今ではかなりネイティブに近くなりましたか。
超ペラペラなわけではないですが、ネイティブとも会話ができるほど英語力を磨けたので、苦労してよかったと思います。
―英語以外の言葉は?
英語を話さない国でも、数字や簡単な単語なら通じると思うじゃないですか。でも南米はスペイン語圏で、数字も何も通じませんでした。教育を受けていない人がたくさんいる国では、英語の数字や簡単な単語も一切通じません。だから今、頑張って週5で中国語、週1でスペイン語を勉強しています。スペイン語と中国語は大丈夫になりました。
―中国語って、日本人が習得しやすいそうですね。
母国語が何かということで難しさが決まるんですね。日本人にとって外国語が難しいのは、文法や語順が日本語と違うので、脳の切り替えが追い付かず慣れるまでに時間がかかるからです。実は英語の並びや規則性は割とシンプルなので話せる人も多いですが。
あと、スペイン語は日本語と発音が近くてシンプルだし、文法も難しくない。ただ不規則動詞が死ぬほどあって覚えきれなくて、そこで今つまづいています。
中国語は日本人に馴染みのある漢字ですし、語順も英語と同じなので、英語ができる日本人は中国語も覚えやすいようです。
一方、日本語は語彙が豊富すぎて難しいようですね。「自分」を表す言葉は、英語なら「I」、スペイン語なら「Yo」、中国語なら「我」とひとつしかありませんが、日本語には10も20もあって、意味合いも微妙に異なりますよね。ニュアンスが豊富で難しいようです。発音や文法はそこまで難しくないと思うのですが。
―ところで、世界一周でかかったお金はどのくらいでしたか。
1回目は120~130万円、2周目は7、80万円でしたね。飛行機はLCCでしたし、現地でも一泊600円の宿でしたから金額的には節約できたと思います。
―どんなところで節約するんですか。
飛行機や交通費でかなり節約できます。ネットで調べて、普通の人が少ない平日などを狙って航空券を選べば何分の一にもなります。飛行機の予約サイトをずっと眺めながら、安い日を狙って飛んでいました。
―やりたかったけど我慢したこともありますか?
普通の旅行なら、ちょっといいものを食べたいとか、これしたいあれしたいがありますよね。でもお金が限られていますからレストランには入らず、スーパーで現地の食材を買って現地の子に料理を習って節約しました。レストランに入るときも、ガイドブックに載っているような観光客向けのキラキラの店ではなく、ローカルの人が使っているレストランに行ったり。逆にそのほうがすごくおいしい料理があったりするんですよね。
旅の楽しみはやはり食事
旅の楽しみはやはり“食”!

 

―私も胃腸が強いほうなので、現地の人が行くような店に必ず1回は行きます。安いうえに量が多かったりおいしかったりして。
ただ、バス移動はもうやりたくないですね。南米は飛行機が高いので基本的にバス移動なんですが、距離が半端じゃなくて、24時間移動になるんです。かなりきつかったので、もう勘弁してほしい。スリが怖くて安心できないし。
―「もう帰りたい!」と思ったこともありましたか?
私は一度決めたらやりきるまで投げ出さないタイプなので、そこまでは思いませんでしたが、自分はいったい何をやっているんだろうと思うことはありました。旅だけをしていて、職もないし、帰った後にあてがあるわけでもないし。旅が何かの役に立つことはあるのだろうかと考えたことはありました。
―嫌だと思ったら帰ってくればいい?
帰ってくればいいです。決めごとはないので、自分の心に従えばいいと思います。
―旅を続ける「コツ」みたいなものはありますか。
コツと言えるか分かりませんが、すべてを楽しむことが一番です。良いことも嫌なことも、大変なこともありますが、後になれば全部良い思い出ですし、特殊な経験を持つこと自体が宝物になります。
あと、私は最近ミニマリストなんです。バックパッカーに行って以来、断捨離にこだわるようになって、出発したときの荷物は制限ギリギリの24キロくらいありました。でも荷物が多いと、ものごとも人間関係も維持するのにエネルギーを使うんです。携帯で、バックグラウンドアプリが意外とメモリを食うのと同じで、いろいろ抱えていると新しいものを取り入れるエネルギーがなくなり、大事なことが見えなくなる。それで断捨離をするようになって、最終的に帰国したときの荷物は16キロくらいでした。
―服とかはどうするのですか?
服も着るものだけ持って行って、他は買って捨てたり、誰かにあげたり、売ったり、送り返したり。日本でも、今の季節は冬物をどんどん手放しています。
―断捨離で必要なものが見えてくると。意外と役に立つ持ち物は?
私が重宝したのは折り畳みハンガーとS字フック。何にでも使えるんです。洗濯物を干したり、ちょっと物をかけておいたり。ハンガーがないこともあるので、持って行ったほうがいいです。
―世界一周旅は誰にでもお勧めできますか。
バックパッカーの間では、「パスポートとお金と勇気があれば、誰でも世界一周に行ける」とよく言われます。実は、日本人に生まれたというだけで世界一周には有利なんです。日本のパスポートは世界で一番強くて、ビザなしで行ける国が190か国以上と世界で最も多い。インド人の友達は50か国くらいしか行けません。
でも、トルコ人の友達から「世界一周するのにいくらくらいかかるの?」と聞かれたとき、200万くらいだと答えたら、「impossible!」と言われました。トルコの平均年収は日本の3分の1ほどで物価も結構高く、彼女にとって200万円を貯めるのは不可能なんです。日本にはお金を稼ぐ手段もいろいろあり、恵まれているから、「誰でも世界一周できる」なんて言えるんだなと思います。
この記事を読む方も日本人だと思いますが、日本人であるだけで世界一周に行きやすいということを知ってほしいです。少しだけ勇気を出してお金を貯めて、パスポートをとったら世界一周へ行けます。
Advertisement

ただし「怖い話」もないではない

バックパッカーたち
バックパッカーたちとの交流は宝物だ

 

―同じように世界を旅している人にもたくさん出会ったんですね。
けっこう会いました。世界の人々がどんなことを思っているのかを知りたかったので、日本人とつるんで旅をするのはどうかと思っていたのですが、日本人バックパッカーにもたくさん会い、中には面白い方もいましたね。路上で歌やパフォーマンスを披露して投げ銭収入だけで生活している日本人もいました。
泊まっていた宿も、日本人はもちろんアジア人がほぼいない環境で、「日本人が来たのは2人目だよ」と言われたこともあります。日本人が行かないようなところで、現地の人の生活を見てきました。
―日本人以外のバックパッカーにも会いましたか?
世界一周までしている人は数えるほどしかいませんでしたが、ヨーロッパを回っているとか、もう少し短いスパンで旅をしている外国人はたくさんいて、かなり仲良くなりました。
別々に世界を旅していたフランス人と韓国人が出会って、結局結婚したこともあります。Facebookで結婚の知らせを読んですごくうれしかったです。
―私の友達も彼氏と1年ほどバックパッカーをして結婚しました。そういうところでうまくいった人は、最後までうまくいくんだろうなと思います。
韓国人のバックパッカーで仲良くなった子がいて、もともと日本に興味があって日本語を勉強していたのですが、私と出会って日本への興味が再燃して、今では日本語がペラペラになるほどオンラインレッスンを積み重ねて、日本にも来てくれました。すごくうれしかったです。
―日本人、もしくは女性であるということでの苦労はありませんでしたか。
危ない目にはけっこう遭いました。電車の中でずっと付きまとわれて、泊まっていた宿まで入ってこられたり。振り切って部屋に入ったのですが、ドアの前に半日居座られました。尋常じゃない感じで、すごく怖かったです。男の人だとお金を盗られるぐらいですが、女の人は物理的に力が弱いですから、狙われやすいんですよね。危険な目に遭うのは、決まって、言われたこと(「夜は出歩かない」など)を守らなかったり、気が緩んだときです。まあいいか、というときに起こりやすい。
―怖い話も聞いたことがあるでしょうね。
直接の知り合いではありませんが、旅の序盤で荷物を全部盗られて、それ以降ビニール袋で旅を続けた「ビニール袋パッカー」もいるそうです。バックパッカー界隈では有名な人ですが。
―「日本人女性はモテる」というのは本当ですか?
日本人は毎日化粧をしていますが、世界では化粧しない国の方が多くて基本的にすっぴん、洋服もジーンズにTシャツが普通です。そのため、毎日ファッションやメイクに気を遣っている日本人女性は美しく見えるようです。あと、日本人女性はすごく優しいと言われます。海外では女性が強いので、気の弱い男性からすると、あまり激しく主張をしない日本人女性は落ち着く、癒されると。
―久野さんも海外では化粧しない?
私は海外でも結構お化粧するんです。なので、現地では「さすが日本人だね」と言われました(笑)。自分の中では土地に少し合わせて、ナチュラルにしたり、濃くしたりしているんですけどね。
―日本人って化粧でオン/オフを切り替えるところがあるから、化粧をやめると、まあいいやとダラシなくなってしまいそうですが。
海外の方も日本に来たらある程度きちんとしています。ビーチサイドにはビーチサイドの文化があって、そもそも暑いですし、化粧も取れちゃいますから、ラフな化粧じゃないと暑すぎるということもある。その土地その土地に合わせて生きていけばいいんでしょう。日本のきちんとしたのも嫌ではないですし、海外の楽なものも嫌ではない。そのときの気持ちによると思います。
住む街や場所って大きいと思います。街が人を作るのか、人が街を作るのか分かりませんが、どの街でも、その土地に合う人が集まってくるんです。
Advertisement

一番輝ける場所を探して、女性経営者に

株式会社トライフル
株式会社トライフルのコーポレートサイト

 

―2周目の旅から帰国して、株式会社トライフルという企業を創業されました。
バックパッカーとして1泊600円くらいの宿に泊まりながら、世界中のバックパッカーや現地の方、特に発展途上国の知り合いがたくさんできました。皆さんが口をそろえて言っていたのが、「日本に行ったことがない、いつか日本に行きたい」ということです。日本語が話せる人もたくさんいるのですが、お金やビザの問題で簡単に来られないんですね。自国では頑張って働いてもなかなか良いお給料をもらえる仕事に就けず、その生活から抜け出せないでいる人もいます。私はそういう方々に助けていただきながら旅ができたので、恩返しとして、日本にかかわるお仕事を提供したいと思ったのが創業のきっかけです。
―事業内容を紹介してください。
日本では正社員として採用されるのはかなりハードルが高いですが、単発の仕事なら比較的簡単に企業も外国籍の方を雇いやすいはずです。そこで、イベントや展示会などで外国語対応が必要な単発仕事にこだわって人材紹介をやっています。基本的には1日から3日くらいの短期の派遣がメインです。
―女性経営者としての苦労もあったのではないですか?
プラスとマイナスがあります。注目されやすいことはプラスと言えますが、居づらさやプレッシャーを感じるのはマイナスですね。相談できる相手や仲間が少ないこともマイナスです。業界団体の懇親会などでも、新入会員の紹介で壇上に20人くらい並ぶと、女性は私だけです。他の方は40~50代で私がダントツに若くてひとりだけ女性だったので、真ん中に立たされるし、カメラのフラッシュをたかれるし、周りも「なんだなんだ」となって。
―若い女性経営者は物珍しげに見られがちですね。
交流会で会った人から「御社の仕事に興味がある」と言われ、起業したてだからうれしくて、「ご飯を食べながらお話でも」と言われて行ったら、ビジネスの話は一切されずにセクハラみたいなことをされたり。そんなことばかりで心が折れそうになりました。それ以来、実績がたまるまでは顔も出さずにインターネットだけで集客していました。自分でも営業は合わないと思っていましたし。
―世界を見てきた久野さんから見て、日本人の良いところ、悪いところは?
良いところは、優しい人が多いことです。助け合い、治安の良さ、清潔さは他の国では見られないですし、サービスもちゃんと出てくるのが基本的な水準で、その基本的な水準がすごく高いです。海外では店員のサービスが良いということは基本的にありません。ちゃんとしたものが出てこないことすら多々あります。日本はそういうことがほとんどないですよね。
悪いところは、規格外のものを排除するというか、受け入れないところです。私はもともと育ちも性質も「普通」から少しずれた、規格外なところがある人間です。変わったことをしようと思っているわけではありませんが、素を出すと常識から外れてしまうところがあって、最初のころはいろいろ厳しい意見をいただきました。
―日本人は「型」が好きですからね。
不文律があって、そこからはみ出す人に厳しい意見を投げつけたり、決められているルールを変えようとすると、なぜそういうことをするのかと抵抗する。よくないなと思います。
―今はコロナで、外出も旅行もしにくいですね。
そうですね。コロナ前はビジネスも含めて年に4回ほど海外に行っていました。イベント業界はコロナ禍で最も大きな被害を受けた業界のひとつです。海外の案件もかなり止まっていてストレスなんですが、そんな中でも、コロナだからこそ出会えた人もいますから、今の特殊な環境だからこそできることを見つけていきたいですね。
最近、「withコロナ時代対応メニュー」を作りました。インフルエンサーを手配したり、静止画や動画を撮影したり、海外現地情報レポート、モニター・調査、WEB会議やイベント用人材の手配、翻訳、オンライン講師の手配などです。
人材業というものは、人が欲しい企業があってこそ成立します。だから、私たちが素敵だと思っている人に仕事をあげたくても、なかなか欲しいと言ってくる会社がないことがよくあるんです。そういう人たちに活躍の場を与えるために、私たち自身が事業を持ったほうがいいなと思って、今後はアパレルやコスメでの展開を考えています。
―本当にやりたかった仕事にたどり着いたという感じですね。
何かに合わせようとしてもはみ出てしまう、自分の素のままで評価してくれるようなこと、無理せずやっていけることが、自分が一番幸せに輝けると思っています。世間一般に合わせようとしていたころはすごくつらかったし、結局それでやったことは良い経験ではありましたが、遠回りだったと思うんです。遠回りをして結局自分の素のままのところに戻ってきたという感覚です。人それぞれ個性があって、その人が輝ける場があるんだと思います。

体当たりのバックパッカーで世界一周の夢をかなえた女性経営者がたどり着いたものとは?

 

キニナルWEB インタビューを終えて
「自分のやりたいことに従って行動するのが一番」という久野さん。最初はたくさん傷つくことがあるかもしれないけど、それを無理に矯正したり、あきらめたりする必要はないという力強い言葉に、一歩踏み出して挑戦する勇気をもらいました。こうだからできない、そんなことを言っても、というのは自分がやらないことに対しての言い訳なんだなー、と反省した榎並でした!

キニナルWEB

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事