完全オーダーメイドで2年待ちの万年筆に、世界から注文が殺到している理由

完全オーダーメイドで2年待ちの万年筆に、世界から注文が殺到している理由
Advertisement
キニナルWEB ここがキニナル!

誰もがスマートフォンでコミュニケーションを済ませ、文字を書くことを忘れてしまっている現代に、手作りのオーダーメイド万年筆が大変人気を呼んでいます。その人気の秘密はどこにあるのか、有限会社万年筆博士の代表取締役 山本 竜様にお話を伺いました。

 

――万年筆をオーダーメイドするというのは、どのようにしているのですか?
当社では万年筆を作っていますが、特徴として、お客様一人一人の『書き癖』を表すカルテを作成しています。すべての工程を一人の職人がカルテどりから製作までやっているのは、世界でも当社だけだと思います。
――全世界で唯一、というのはすごいです。でも、「書き癖」というのは何ですか?

万年筆博士 山本竜代表

ペンを持つ位置、立てる角度や傾斜、筆圧、書く速度など、人によってものを書く癖は異なるんです。ところが、万年筆というのは、ボールペンやシャープペンシルと違って、方向性が決まっている器具(道具)ですから、ちょっと角度や傾斜がずれたりすると、書けなかったり、書き味が悪くなってしまいます。昔は使い続けて馴染ませたものですが、なかなか馴染むものでもありません。そこで、最初から使う人に合わせた万年筆を作ってはどうかと思いました。自分の書き癖をカルテに記入してもらって、それに合わせて設計をしていきます。具体的には、軸の重さや長さ、ペンポイントの書き味、表現力、インクの出るスピードに至るまで、様々な調整ポイントがあります。こうした結果、ただ単なる手作りというだけではない、完全なカスタムメイドの万年筆が完成するわけです。
――万年筆でうまく書けないストレス、私も経験したことがありました。私は紙が好きなので、自分の癖に合わせて書ける万年筆があったら、すごくうれしいですね。
 
完全な100%カスタムオーダーの山本さんの万年筆は、なんと月に約12本しか作れないものとのこと。
 
――大変な希少品ですね。
年間のオーダー数が約150~180本ほどなのですが、ご注文いただいた順番に月12本ペースで作っていくと、仕上がるのは2年後ということになります。
その2年の間に書き癖が変わってしまうことはないのでしょうか。
これがね、人の書き癖というのは変わらないんです。初めて万年筆を使うような20歳までの人は、まだ書き方が安定していなくて、自分の字ができてないんですが、次第にその人の特徴ある文字が決まってきて、もうそうなると変わらないですね。だから先を見て、この人は今こうだけど、こういうふうになる、という余裕をある程度残して作るんです。後でちょっと調整すればいいようにしておくわけです。
――じつは私も小指が入ってしまう恥ずかしい癖が……たしかに、こういう癖って直らないんですよね。
そういう方は結構いますよ。でも癖は直さない方がいいです。体によくないです。小学生や中学生だったら、直したほうがいいかもしれませんが。私も、万年筆の持ち方がすごく変だと思いますよ。取材を受けて、万年筆で書いているところを撮影されたりすると、後で写真を見て、ひどいなと思ったりします。

万年筆博士 山本竜代表
 

――無理なことはしない方がいいと言われて、ちょっとホッとしました。でも、2年かかるというのは、相当なありがたみになりますね。できあがるのが待ち遠しくてしかたないんじゃないでしょうか。一生使っていくものだから、皆さん、2年待っても手にしたい!と思うわけですね。
皆さん、楽しみに待っていてくださっています。実物を手にされると、最初から既製ではなくオーダーすればよかったとおっしゃっていただけますね。一度作ると、用途ごとに何本かリビート注文される方もたくさんいます。手帳用には細書き、手紙用にはちょっと太目、ノート用にもっと太い線のものというふうな感じですね。
――自分の手にぴったり合う万年筆を一度手にしたら、自由に書ける気持ちよさの虜になってしまう。
やはり市販の万年筆では感じられないような書き味とか表現力があります。大手メーカーさんでは手を出せないような素材を開発して使っていますので、握り心地も違いますし、素朴ながらも見た目も美しい。完成したものを持っていただければ、すごくいいものだということをわかっていただけるので、リピートしていただけるのですが、最初の一本をオーダーするまでには、きっと勇気がいるかもしれませんね。

 
 

万年筆を注文されるお客様の層は、昔とはだいぶ変わってきているそう。
10年、20年前だと、お客様のほとんどは団塊の世代より上の年代で、お医者さんや大学教授、もの書きなど作家の先生でした。今のお客様は、ご両親もすでに万年筆離れしている世代なのですが、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんの遺品で、昔使っていた万年筆をもらったという人が意外と多いんです。それで初めて万年筆を使ってみて、その良さを実感され、せっかくだったら自分の手に合う良いものが欲しくなるようです。30代くらいの方が多くて、お仕事も様々です。特に字をたくさん書くわけではなくても、普段は一日パソコンに向かっているので、手帳には万年筆で書きたいとか、アイディアをまとめる時は万年筆で書きたいとか、大切なお便りは万年筆で書きたいとか、そんな方が多いようですね。
Advertisement
1 2 3

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事