最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる

最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる

最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる

キニナルWEB ここがキニナル!
そもそも消防士を目指していたはずなのに、ワタミの渡邉美樹会長の薫陶を受けて最年少で独立、飲食・ドライヘッドスパ・動画制作などを行う会社「中野Company」を立ち上げて年商3億を達成した中野雄斗さん。「21世紀を代表する会社を創る」と意気込む若手経営者に会いに行きました!

会社の自慢話ばかりするサラリーマンに幻滅

 

――す、すごい腕……頑丈そうですね。学生時代は何のスポーツを?
高校野球、ボクシングといろいろやっていました。富山県出身なんですが、もともとは地元で消防士になろうと思っていたんです。でも消防士って年功序列の世界らしいから、そういう人生でいいのかと直前に思い直しました。格闘技にも憧れていて、『PRIDE』(今の『RIZIN』)のイベントに立ってみたかったから、それなら上京だ! と。
――でも、その夢はかなわなかった。
一度お手合わせをしてもらいましたが、プロの格闘家はやはりレベルが違いました。とてもイベントのステージに立つなんて無理だと分かって、ちょっと心が折れました。
当時は水道工事、クレープ屋、居酒屋といろいろなバイトを掛け持ちしていたんですが、あるとき大学のツレから「人が足りないから手伝ってよ」と誘われ、上野のラーメン屋さんで働き、そこで外食のすばらしさを知ったんです。
お客さんたちがラーメンを食べに来ているのではなく、この店主に会いに来ているんだということが分かったんですね。こういう世界があるんだなと憧れました。
――就活はどうしたんですか。
合同説明会に行ったけど、どこも自社の自慢をしているようにしか聞こえませんでしたね。ある有名な会社ですが、社名を間違えた名札を胸に付けて堂々と自慢話をしているのを見て、これはもうサラリーマンはないなと確信しました。
でも、その頃はまだ独立・起業という感じではなく、まず自分のお店を持ちたいと漠然と思っていました。そんなとき、ワタミの渡邉代表と出会う機会に恵まれたんです。

就活中に、カリスマ渡邉会長にヤラレる

最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる
 
当時、渡邉代表はよく講演をしていました。就活学生向けの講演かと思ったら、「君たちはなぜ働くんだ?」と学生に訊いたりして、切り口がほかの会社の社長と全然違うんです。衝撃を受けました。
ワタミの会社説明会では、「夢や独立・起業を応援している」と説明していて、「地球上で一番の“ありがとう”を集めるグループになろう」というスローガンを掲げていましたね。
――うーん。ちょっときれいごとかなと思うけれど。
ボクも当時はそう思いました。でも、それを公に言えるってカッコよくないですか? この会社ならボクのやりたいことのキッカケを作れると期待しました。
正直言うと、「ワタミ」で検索したら「ブラック」と出てきたんですが、ボクは体力には自信があるし、ブラックでもいいと思って入社を決めました。タフさと根性では絶対負ける気はしなかったから、そんな自分でもダメなら、他の人も無理だろうという自信があったんですね。
――ワタミといえば、渡邉代表の類まれなるカリスマ性で持っている会社だよね。
それは間違いありません。ボクは新入社員代表としてアイサツして以来、渡邉代表には目をかけてもらうようになりましたが、基本、人の思いに対して動き、愚直に行動される方です。
あと、意外に思う人が多いんですが、とても優しいです。ゴルフにも誘われましたが、「お前はまだ甘ちゃんだから」と指導されることのほうが多かったですね。
――可愛がられていたんですね。
表彰されたりして目立っていましたから、顔を合わす機会も多かったんです。
渡邉代表は24歳で「つぼ八」のFCを経営したのですが、ボクも25歳で「和民」のFCを任されたので、自分の人生と渡邉代表を重ねていました。
ワタミから卒業したオーナーの集まりがあるのですが、そういう会合にも顔を出して、夢やビジョンを語ってくれます。求心力がもう凄い。

8店舗を経営しつつ「ネオ居酒屋」を目指す

最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる
 
――でも、飲食の世界は甘くないでしょう。
飲食といえば「ブラック」だと思われていますよね。長時間労働で拘束されますし。ボクはワタミをブラックだとは思いませんが、日をまたいで帰るのは日常でしたし、結婚して子どもができてもそういう生活を続けるのはイヤだなと思っていました。いくらお客さんから笑顔をいただいてうれしくても、それだけではちょっと幸せとは言い切れない。
――それで独立・起業。
居酒屋っていうのは究極の「人ビジネス」です。まず、「から揚げの天才」御嶽山店でFCオーナー1号店目の経営から始め、分倍河原店、雑色店、豪徳寺店、糀谷店、下高井戸店を任され、さらに「三代目鳥メロ」の高円寺北口店、「ミライザカ」の仙川駅前店と、合計9店舗を経営しています。
金融機関にも会社の成長を評価していただき、結構な額の融資を受けられました。
今、目指しているのは「下剋上」です。ワタミの先輩方には負けないつもりです。
――今、新型コロナで居酒屋はどん底と言われていますが。
一時期は本当にダメでしたが、お客さんはだんだん戻ってきています。居酒屋がなくなることってないですよ。緊急事態宣言下でも、土日は外で飲食する人が多いです。日本はストレス社会ですから、みんな愚痴をこぼしたいし、飲んでストレスを発散したいんですね。家で飲むか、居酒屋で飲むかという二択なら絶対、居酒屋のほうが多いです。ただし、お客さんにとって良い居酒屋の場合。だから淘汰は進みます。ほかの居酒屋に負けないように今から仕込んでいこうと思っています。
――「良い居酒屋」の条件って何だと思う?
コンビニを見ると分かりますが、まずスピード提供できない店はアウトですね。注文したのにすぐ来ないといらいらするでしょう。これは昔より厳しくなっている。だからオペレーションの簡略化は欠かせませんね。
あと、ボクも渡邉代表も「梨泰院クラス」という韓流ドラマが好きなんですが、これが勉強になります。小さな居酒屋が大企業の居酒屋に復讐するというストーリーです。
――ドラマですか。どんなことが勉強になった?
繁盛する店の指標のひとつは、「女性が行きたくなる店かどうか」だとわかりました。うちのメンバーさんも女性の学生が多い。TikTokやインスタグラム、ツイッターのハッシュタグで検索をかけて、女の子が可愛いと思う場所や商品があるところに人気が集まっている。だから、若い女の子が行きたくなる居酒屋をつくっていきたいです。
若年女性客をターゲットにした「ネオ居酒屋」が新しいトレンドになっています。女性客からカワイイと思われるグラスや食べ物も集め、集客に差別化をはかっていきたい。
――そういえばうちの妻も同じことを言うね。「女性はお客を連れてくるから」って。ところで、今の目標は?
ワタミが「bb.q OLIVE CHICKEN caf’e(ビービーキュー オリーブチキンカフェ)」を展開していますが、そういうバランスの取れた飲食店を目指していきたい。店内もあり、デリバリーもあり、それでしっかりした食事を提供し、宣伝できるようなクオリティの高い商品を提供する空間を実現したい。言うならば、SNS映えするまさに“ネオ居酒屋”です。

癒しの事業で社会の働き方改革に一石を投じたい

最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる
 
――ドライヘッドスパ専門店もオープンしましたね。40~50代の日本のサラリーマンって、世界的にもすごく疲れて体がボロボロで、癒しが必要だから、すごくいいと思う。
コロナ禍前から、飲食以外に柱を作ろうと思っていたんです。そこで、中野Companyの新事業として、調布市では初のドライヘッドスパ専門店「repos(ルポ)」をオープンしました。
この事業では異色の働き方改革を断行しまして、営業時間は11~19時、残業なしで週休2日制です。利益率が高いからそれができた。女性は結婚して出産すると社会復帰がなかなか難しくなる。手に職ではないですが、次のキャリアも考えると時間の自由度も必要になるので、ドライヘッドスパ事業に着目しました。
今の時代、パソコンやスマホで脳や目を酷使しているから、ストレスや体の不調、睡眠不足に悩む人が急増しているんです。そんな中で、リラクゼーションの最高技術と言われ、全国でも資格を持つ人は少なく希少価値のある「ヘッドマイスター」によるドライヘッドスパが注目されているんです。
最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる
ヘッドマイスター在籍のドライヘッドスパ専門店「repos」の施術

 

――お客さんの反響は?
オープンして3か月目ですが、リピーターもついていますし、女性は来店すると友達も連れてくるという良い循環があります。普通のエステと違うのは、睡眠を促すものなので、入眠率が90%を超えています。ボクもやってもらいましたが、よく眠れました。コロナ禍でもお客さんは来ているので、このエステ事業もどんどん押していきたい。
日本ってがむしゃらに働いています。でも欧州の一部ではシエスタ制度もあって昼寝もできます。中高年のうつ病や自殺が増えていますが、科学的に調べると睡眠不足も理由にあると言われているんですね。
――私はサラリーマンから自営業に転身して収入は半分に減ったけど、サラリーマン時代は同僚に言えないような悩みも多かったから、もう戻りたいとは思わないね。
だからセラピストさんには、施術はもちろん、人間関係のカウンセリングができる人になってほしいと言っているんです。将来的には、企業の産業医の様な、企業とセラピストを繋ぐようなプラットフォームにしていき、社会の働き方改革に一石を投じたいです。
ボクもサラリーマンと経営者の両方を経験して、言っていいことと悪いことがあることはよく知っています。ただなんの悪意もなくそれを聞いてくれる人がいるとすごく助かるんですよね。今の日本には必要な事業です。

良いビジネスモデルは飲食だけに限らない

最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる
 
――ほかにはどんな展開を? IT事業とかは?
まずは飲食とエステの2本柱で経営していきます。
今は脱東京が言われていて、ITはパソコンとスマートフォンさえあればどこでも働ける。WEB制作や動画編集を好きな場所でできるようになれば、日本人の幸福度もきっと上がりますね。利益率もいいから、今後事業に取り入れて、時代の流れに乗っていきたいですね。

あと、今後オートメーション化が進み、無人事業が興隆すると見ていて、一種の不労所得としてコインランドリー事業も行っています。
たとえば、居酒屋とコインランドリーが並んでいて、居酒屋の月間売上が300万円、コインランドリーが60万円だとしましょう。居酒屋は店長やメンバーさんが一生懸命働いてお客さんを笑顔にして、純利益が月30万円。一方、コインランドリーは清掃などの外注費30万円だけで、同じく純利益は30万円だとしたら、どちらが賢いと思いますか?

――合理主義でいったら、断然コインランドリーだね。そりゃ楽な方がいい。
お金の余裕は、結局、心の余裕なんです。ボクは人が好きですけれど、無人事業はこれから伸びると思います。
ほかには、人の夢や志をかなえるお手伝いもしたいので、コーチング事業も考えています。
会社を大きくしながら、影響力のある人間になりたい。外食事業、リラク事業のほかに、コーチング事業、 IT・web 事業、不動産事業、無人事業と6本の柱を立てようと思っているんです。
――ホームページには「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げていますが。
今、AbemaTVで「会社は学校じゃねぇんだよ」というドラマが配信されているんです。
――あ。やっぱりドラマ好きなんですね(笑)。
サイバーエージェントの藤田晋社長がモデルなんですが、当社のビジョンは、その藤田社長が語った言葉から拝借しました。目標は大きい方がカッコいいし、ボクは井の中の蛙になりたくないから、飲食業で年商10~100億円が目標、という考え方はイヤなんです。人間には可能性がいっぱいあるし、飲食店以外にも良いビジネスモデルはたくさんあるから、ビジョンは抽象的な大きい言葉にしました。

25歳から3年で年商3億円を実現しました。2026年上場を目指し、「自由を追求し、各々の夢・目標・志が叶えられる世の中にすること」を信念にしています。仲間のやりたい気持ちに寄り添って、一緒に大きな会社を目指します。
若者に夢を語り、ご縁のあった人たちを仲間にし、みんなで成長して現実を変えていく。 ボクにとって、それが「21 世紀を代表する会社を創る」ことなんです。
最年少でワタミから独立。飲食、ドライヘッドスパで21世紀を代表する会社へと夢は広がる

キニナルWEB インタビューを終えて
中野社長は現在28歳。夢と強い信念、チャレンジ精神にあふれた(そしてドラマ好きな)方でした。若者には、FIRE(早期リタイア)を目指し、サラリーマンの常識にとらわれない、経済的な自立の大切さを訴えたいそうです。これからの経済人の可能性も垣間見られ、今後とも注目していきたいと感じました。キニナルWEB

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事