SM嬢のリアルとは、得意プレイとのマッチングだった

SM嬢のリアルとは、得意プレイとのマッチングだった
SM嬢のリアルとは、得意プレイとのマッチングだった
現役SM嬢 瀬川みおりさん
キニナルWEB ここがキニナル!
緊縛モデルのミドリさんにお会いして何か道が開かれた私、榎並ですが、さらにディープな世界を知りたくて、現役SM嬢の瀬川みおりさんにお会いしてみました。みおりさんとのひとときは、いよいよ引き返せなくなるかもしれない(?)、ディープでロングなインタビューになりました。すごく深い内容ですので、どうぞ最後までお読みください!(インタビュアー:榎並千陽

 

人はこれが限界なんだということが

――まず、みおりさんにとってSMは趣味ですか、仕事ですか?
半々です。お金を稼ぐ手段ですので、自分の好きなプレイだけというわけにはいきません。お客様の願望を満たすために割り切らないと、リピーターもつかず、ご飯が食べられなくなります。ただいじめるだけなら、そのへんのヤンキーでもできますから。
――今、SM嬢というのはたくさんいるのでしょうか。
Mは多いです。痴女やSMを謳っているだけの抜きサービスのお店もあるので、一概にSが少ないとも言えないのですが、純粋な「女王様」は少ないかもしれませんね。

――みおりさんがSMに興味を持ちはじめたのはいつ頃からですか?
かなり小さいころからですね。虫をつぶすような残酷な遊びをしていて、自分より弱いものをいたぶることに興奮していました。思春期のころ、虫を殺して遊んでいたら下着がおもらししたようになって、「ああ自分はそっちなんだ」と気づきました。「これは、悪い人がなるものだ」と。

――私も子どものときに「悪いことをするとおねしょするよ」と言われたことありますが……
変態でした。その時分は凶悪犯罪が多くて、母は私のことをそういう感じと思っていたようです。「将来、絶対に警察に捕まるからやめなさい」と言われました。

――お母さまは普通の方ですか。
少し束縛は強かったかもしれませんが、周りの人と比べて親はいたって普通の人で、普通に愛されて育ったと思います。虐待なども全然ありません。母方のおばあちゃんが巫女で霊感があったそうですが、家系で変わっているのはそれくらいです。

――みおりさんがその道に入ったのは、突然変異的な。
そういうことに性的に興奮する自分は「悪い人」なんだと思いました。どうしようと思って、普通のエロでなんとかなるんじゃないかと思って調べて、SMというジャンルがあることを知ったんです。それで、普通にやられたい人がいるのだったらいいか、と思うようになりました。

――それは何歳ぐらいのとき?
小、中学生くらいです。まだインターネット黎明期で、グロい動画がいっぱいありました。

――それに吸い付けられるように……?

最初はぬるいなと思いました。でも、見ているうちに、人はこれが限界なんだなということがわかったんです。

得意なプレイは、「吸血鬼」

SM嬢のリアルとは、得意プレイとのマッチングだった
 

――みおりさんならではの得意プレイってありますか。

流血系です。

――りゅ……どんな感じですか。

もともと、血を飲むのが好きなんです。採血だけする人もいますし、医師法が改正されたので、乳首に針を刺したり、リストカットのようなことをしてあげたりもします。

――飲む、というのはどのくらい?
血液にはタンパク質や塩分も入っていて、カロリーも高くてお腹に溜まるので、500mlくらい飲んだらお腹いっぱいになっちゃいます。

――それはお客さんの要望なのですか。
吸血鬼みたいな世界観が好きで、飲まれたいというお客さんなどからもらいます。

――自分で採血した血を持参するのではなく……?
いえ、その場でやります。1回で500mlは採れますね。献血でも400mlくらいは採りますから。

――どうやって採るのですか?
血管に針を刺して、そのままコップに。

――看護師さんだった経験があるとか。
ではないです。前はダメだったんですけど、最近解禁されたんです。SMを始めて間もないころに、知り合いのお医者さんに教えてもらって少しだけ医療の勉強をしました。
プレイに必須なアイテムというのは特にありませんが、好きなのはメスや針ですね。

――自分の体にはやらないのですか。
少しあるんですけど、痛くて。痛いことは嫌ですね。

――実は私も暇なとき、どこまで切ったら痛いのか、痛みはどこまで我慢できるのかと思って、カッターで手のひらを切ったことがあります。誰でもそういうことを考えたことがあると思うんです。変態なのかな。
限界がどうかということですよね。好奇心旺盛なんだと思います。それで下が反応していたら、立派な変態ですけど。

――それはなかったです……他に得意なプレイは?
窒息のような、人のギリギリのラインを責めるものがいいですね。綱で吊るしたり、首絞め、水責めも好きですね。お風呂場でやるんですけど、手を後ろに固定して、顔にタオルをかけて水を流すんです。呼吸ができなくなってすごく苦しくなります。

――ドラマの「24」で、テロリストを拷問するときやるやつですね。あれは息ができないな、と思ってました。実際にそれをするんですね。
やりますね。あとは、延々と水を飲ませたり。

――言葉責めとかもありますか?
やってほしいと言われることは多いです。私は罵倒したりおちょくったりしてしまうのですが、お客様が求めているのは、いやらしく導くようなものなんですよね。ちょっと痴女っぽい感じで、「こんなにしてしまってどうしたの」という感じの。実は苦手なんです。
私は今はこんな感じですけど、昔はロリ系だったんです。だから、年上の先輩やお兄ちゃんを責めるシチュエーションが多かったんですね。メスガキ系、生意気な女児で、「こんな雑魚チンポ」みたいな感じの。
でも、言葉責めは苦手で、恥ずかしいことを言えと言われても、恥ずかしいことが何なのかわからない。「中学校のときに書いた設定のノートを持ってきなさい」とか的外れなことを言ってしまったことがあります(笑)。

――違う意味の「恥ずかしいこと」ですね(笑)。
「ロリっぽくして」と言われて、「見て、ちんちん、鼻くそ」と言ったら、何か違うと言うんですね。小学生でも男児じゃなくて女児でお願い、と(笑)。まあ無邪気におちょくりまわすのはできるんですけど。

――ロウソクを垂らしたりするんですよね? 定番? なのかな?
しますね。定番です。あれは専用のヤケドしないロウソクで、50℃くらいです。Mも経験したことがあるので、自分もされたことはあります。大体どのくらいやると痛くて、どのくらいなら不快ではないと分かったのが収穫でした。気持ちが入っていない人にやらてれたら、ただただ痛いと思うだろうとか。

――気持ちも大事なんですね。
例えば菜々緒さんみたいなきれいな人に「ブタが」と言われたら、「そうでございます」となるかもしれませんが、そのへんの太ったおじさんに「ブタが」と言われても「お前もな」となってしまいます。でも、太ったおじさんが頭に足を乗せてそう言っても、「はい」と言わなければいけないのがM女なんです。

――ずっとMでやれと言われたらどうですか?
ギャラ次第ですね。完全にお仕事としてなら。

SM嬢の倫理とルール

「SM Festa」池袋ミカド劇場(2021年5月10日)
「SM Festa」池袋ミカド劇場(2021年5月10日)

 

――みおりさんが自負しているポイントは?
ひどくしてほしいというお客さんはいっぱいいるんですが、本当にひどくしたら耐えきれる人はいません。そこを見きわめてサービスができることが、私のアピールポイントです。昔は本当にボコボコにしてクレームが来たこともありました。「いじめてください」の意味が違ったんです。

――人によって求めているものが違うのですね。
本当にボコボコにされたい人もいるし、言葉で責められて性的に気持ちよくなりたいだけの人もいます。悲劇のヒロインのように泣いたり叫んだりして、日ごろの悲しさをそこに全部ぶつけるタイプの人もいますし、自傷行為に近い人もいます。

――どのタイミングで、そういうコトを見きわめるのですか。
普通の風俗店と違って、まずカウンセリングがあるんです。ホテルに派遣されて会うと、まず「初めまして、今日は何したいの?」と聞くことから入ります。だんだん背景が分かってくると、「家でこういうことがあった?」「昔いじめられていた?」というふうに掘り下げていって、その人の理想を見つけて、私の得意なものとすり合わせていきます。

――ちょっとコンサルティングみたいですね。人はSとMの両面を持っていると言いますよね。Sはサービスで、Mは満足だとか。SだろうがMだろうが、捉え方や人の求めているものは難しいですけど、それを見きわめるというのはさすがですね。
本当はみんな、SもMもないんだと思います。

――相手によって自分がどうするか。お互いに寄り添うというか。
Sのように威張って誰かの上でふんぞり返りたいときもあるし、ヨシヨシとされたいときもある。

――難しかったりできなかったりするプレイもありますか?
それは体とお客様との相性ですから、特に思いつかないです。でも、相性を見てすり合わせることができるようになるまでには苦労しました。毎日、女王様と呼ばれてちやほやされていると、どんどん勘違い女になってしまうんです。天狗になって感覚が狂わないようにしないといけない。何もできないただの風俗嬢という現実の自分と、女王様とあがめられる仕事中の自分をすり合わせるということですね。天狗が好きな人もいるのですが、普通の人から見たらただの変な人ですから。

――SMクラブの女性はMの方が多いそうですが。
そうですね、Mの方が儲かるので。

――いじめたいお客さんの方が多いってことですか。
多いですね。いっぱい絞めたいけど普通の風俗だと怒られるから、SMクラブに行くのでしょう。ただ、風俗界隈でお客様と個人的に外で会ってお金をもらう裏引き、パパ活などでは、Sの方がお金が付きやすいんです。

――Sは、例えば鞭でもどこをたたいたら気持ちいいのか痛いのか、そういう知識や経験も必要ですよね。現場につく前にお店の研修があったりするのですか?
あります。ベテランの女王様にも教えてもらいましたし、男性の調教師さんという先生もいました。でも、Sは負けん気が強いので、指摘されたことを素直に認められないんです。先輩から正しい意見を言われても、カチンときて、「あんたはそういうけどさ」とか心の中で素直に聞けない。

――プレイで心がけていることはありますか?
本当の女王様になりきらないことですね。テーマパークのキャストと同じで、あくまでもSMクラブというテーマの施術をする場所であって、本当に主従の関係があるわけではない。相手の希望をピックアップして、それを満たしていく仕事。けがなんかも、その人の想定外にならないようにしています。

――もう無理だというのは表情を見ていればわかるものですか?
そうですね。このくらいのけがならこのくらいで治る、ということもありますし。

――例えば首絞めでも、意識がなくなるところまでやってほしい人がいたとき、このくらいなら戻ってこられると分かるんですよね。私はそれがすごく怖いと思うんですけど、それが分からなくてトラブルになったりすることは……?
ありますね。最悪の場合、死んでしまいますよね。昔の事件で、逮捕された人があった気がします。

――そういう場合って殺人になっちゃう?
過失でしょうね。SMクラブを利用しているわけですから。

――その境の見きわめは大事ですよね。それも感覚だと思いますが。
感覚です。あとは体の症状でだいたいどうなのかという勉強はしました。仕事をしていないときは、ずっとそういう勉強していました。本当の専門知識は分厚い専門書も読まないといけませんが、図書館に行けば見られますし、今はスマホアプリでも解剖学を学べる。医学生向けのアプリで勉強をしました。

――意識を失ったら、何かをするのですか。それとも自然に戻ってくる?
自然に戻る人もいますし、ちょっと待って危ないと思ったら足で心臓をドンとやると、電気信号が走って蘇生します。心臓マッサージと同じですね。

――そういう経験もある?
あります。初期のころはやらかしていたので。最初はやっぱり焦りました。知り合いの病院の先生に電話して、「死んだかもしれないんだけど、どうしたらいい?」と聞いたら、その場合はこうしてこうして脈はどう、顔色はそれならこうして、と言われてその通りにやりました。今、暇していてよかったねと言われました。あとで3万円のワインを持っていきました。

――うれしいこと、楽しいことは。
うれしいのは、延長など長時間で儲かるときですね。楽しいことは、時間が長いときに本物に近いプレイができることです。その場だけのプレイだけではなく、食事に出てM男さんを侍らせてお給仕させたり、お茶しに行ってメイドカフェのメイドさんのようにお茶を注がせたり、自然の主従関係を作るときです。日常のSMができるのは楽しいです。

――ホテルの外にも出ることがあるんですね。
あります。普通に手をつないでデートをして、油断させた後に豹変して遊んだり。絶望的な顔をされたりすると、これは燃えるな、と思う。

――無理なお客さんっていますか。
あまりいませんが、ルール違反をする人は無理です。それと、距離が近すぎる人ですね。

――ルールというのは?
勝手に体を触られたりなめられたりするのはNGです。SMクラブは触ってはダメなんです。その分、料金が安いので。女王様は服も脱いではいけないんです。本人が自発的に下着までサービスするのはいいのですが、全裸になってはダメ。男の人だから、そういう期待はもっているんでしょうけど、それならちゃんとお金を払ってくださいということですね。
それから、SとMを逆転して遊びたい人がいます。Mとして来て、生意気な女王様を押し倒したいということですが、最初から言われていたらプラスの料金で受けることもありますが、前触れなく急にやられたら犯罪かと思う。そういう人が嫌ですね。

――SMというのはセックスと関係なく成立するものですか。
しますね。むしろ関係しないことのほうが多いです。世界観にもよりますが、主人と奴隷、主人と家畜ですから。豚や鶏とはセックスしませんよね。

最高だったプレイは〇〇〇〇を食べさせたこと

SM嬢のリアルとは、得意プレイとのマッチングだった

 

――今まで最高だった経験を教えてください。
キンタマを切除したんですけど、それを相手に食べさせて、嫌そうにしているのを見たのが最高でした。自分の臓器を食べているんです。

――あの……このくらいの大きさありますよね。それを生で食べた?
そうです。

――ふう……まず、去勢手術ができることがすごいですね。
それはお医者さんのM男さんだったんです。ギリギリ医師法に引っかかるのか引っかからないのか。麻酔なしでやっているから痛いと思うんですけど。

――それは相当痛いでしょう。麻痺しているのかな?
もしくは、何もしていないと言いつつ自分で麻酔していたかですよね。

――本人が食べたいと言ったんですか?
私は持ち帰ってくださいと言うんですけど、その場で食べさせた方が面白いよな、と思い直しました。無理やり押し込んで、唇縫われたくなかったら食べて、と。

――感想は?
わかりません。もぐもぐしていました。

――うーん。
あとは、行き当たりばったりでお客様が望んでいなかったプレイをして、それがお客様の中ではまったときは最高だと感じます。嫌いだったけど、みおりさんのおかげで好きになりました、と言われるとうれしくなる。

――サービスとして相手が喜んでくれたり、開花したりするとうれしい。
染めてやったという達成感ですね。支配欲が満たされます。

――珍しいお客さんはいましたか?
おせんべいを踏むだけでいいという人がいました。個包装されたおせんべいを床に並べて、それを踏んでと言われて、それを見ながらシコシコしているんです。踏んでバラバラになったやつを食べていいよ、と言われて食べました。
あとは、コオロギや食用の虫、ネズミなどの生き物を踏ませる人がいました。虫かごに毒の蟻や蜂を入れて、そこにチンコを入れる人とか。それを見て言葉責めをさせるんです。

待機中のSM嬢たち

SM嬢のリアルとは、得意プレイとのマッチングだった
みおりさんが唯一許せる女王様

 

――普通に出会った人で、素質があると思うことはありますか?
人って何かしら持っていますよね。ちょっと歪んでいる子なんかだと、この冴えない子はもしかしたらこっちの世界に行ったら花開くんじゃないかと思うことがあります。話しているうちにそう思ったり、勘もありますね。

――そういうときは誘ったり?
特に私が得することはありませんから、しません。招待料がもらえるならやりますけど。同じ会社で働くとなったら、人間関係がこじれることもあるじゃないですか。

――他のSM嬢さんとのお付き合いはどんな感じですか?
待機があるので、そこでみんなでおやつを食べたりしています。M女さんは3Pで呼んでくれるので、お姫様を丁重に扱っています。きれいでかわいいものを愛でる感覚です。
そこでも人を見ていて、どう接してほしいかを考えながらやっています。

――SM嬢になるのはどんな人が多いとかありますか?
私はあてはまりませんが、親が毒親だった人が多いです。Mの子だったら、ホストで借金をしてしまってお金を作らなければいけない子とか。

――借金をした子はMの子が多い?
そのほうが儲かるので、職業Mの子がすごく多いです。だから接し方に気をつける必要がある。M扱いされているとフラストレーションが溜まるので、毒抜きしてあげたりします。そこまで誰も期待していないかもしれないですけど、相談相手になれたらプレイもしやすいのかなと思いますし。

――そこまで考えているんですね。
今一番仲いい子なんですけど、その子の親が毒親で、いじめにも遭っていました。もともと親のために風俗をやっていたんです。彼女は風俗ライターをやっていて、もともとM気質だったので、好きなMの女王様をして、転換して女王様をやっている不思議な子です。ここ1、2年で急に仲良くなりました。もともと先輩のM女さんだったので、そこまで深入りはしていなかったんですけど、すごく人情深い子で、ダメなことはダメと言ってくれるので、家に帰ってから悔し泣きしたり、悲しくて泣いちゃうこともあるというくらい、ズバズバ言う子です。

――大切な方なんですね。
今、コロナになってからはどうですか?
今はコロナなので1日1人つけばいい方で、交通費分がマイナスの日もあります。でも良いお客さんが来ると1日10万円になることもある。波が激しくなりました。

――人数が減った分、お客さんの質には変化はありますか。
下がりました。

――数も減って質も下がったと。
常識がある人はこういう時期には来ませんから。今来てくださる方はすごく貴重ですから、そういう切り方はしたくないんですが、なんとなく足元を見ている方が多い気がします。「俺がリピーターになったらうれしいでしょ」と言われると、うれしくてもダメ。「そんなのはお客さんじゃないので要りません」と答えると、怒って「帰っていいよ」と言う人もいるし、「ごめんね」と謝って素直に遊ぶ人もいます。それを許したら自分の価値がどんどん下がるので。
それまでは週に平均3、4本こなしていました。私はそんなに贅沢はしないのでそれで生活できるんです。コロナになる前は犬がいなかったので、そのくらいでも贅沢できました。

――犬……? ああ、ツイッターのプロフィールに「二児の母」とありますが、それはワンちゃんのことなんですね。
犬に対してはMになれます。

――いつから飼っているんですか?
去年のクリスマスです。最初はハムスターを飼おうかなと思っていたんです。弟と一緒に暮らしているんですが、弟がちょっとココちゃんを抱っこしたいと言って、抱っこしていたらすごくかわいくて。でも、高いし飼えないから連れて帰ろうとしたら、ココちゃんが泣いちゃったんです。「こんなちっちゃい女の子は泣かせるのは……」と思って、「ローンで行けますか?」と聞いたら大丈夫だったので、連れて帰りました。今、自分のご飯代を自分で稼いでいます。

――コロナでも、ワンちゃんの分を稼がないといけませんね。コロナ前まではどのくらいの収入でしたか。
平均で1日3万くらい、たまに5万の日もありました。

――最高金額は?
50万円です。これはチップです。「何が欲しいの?」と聞かれて、「旅行に行きたいからお金が欲しい」と答えたら、「その旅行に一緒に行ったらダメ?」と聞かれたので、お母さんと行くんだと言いました。

――お母様は仕事のことを知っているんですか?
知っています。母も私も温泉好きなので、ちょっとどこかへ行きたいなと思ったんです。

――みおりさんはリフレ活動もやっているそうですが、マッサージ以外のサービスもあるところですか?
そういうお店もありますが、私が行っているのは本当にそういうことがないんです。全身マッサージと、「お散歩」と呼んでいるデートコースぐらいで。

――そちらは週に何日ぐらい? SMとどちらが好きですか?
あまり入っていないですが、両方楽しいです。リフレは、普通の人が普通にデートしたくて来るので、楽しいところに連れて行ってもらったりします。うちのリフレは、犬がキャストとして働いていることになっています。犬カフェでヨシヨシしてもらえないから、お散歩に出るんです。

――女の子を犬にたとえているという意味?
いや、本当にうちの犬が接客するんです。法律の関係で、うちのココちゃんとトトちゃんを連れてきてください、というと私が指名される。

――そのワンちゃんを連れてきてほしいとリクエストするわけですね。何かまったりとしていいですね。
代々木公園に行って一緒にドッグランに行って遊んで、そのあとお肉を食べに行ったりもします。本当に普通のデートです。だから、どちらも楽しいです。

――他に稼ごうとしていることはありますか?
一時、占い師のバイトをしていましたが、占いに来る人に「乞食」が多いので、今はしていないです。困っているから、弱者だからと恵みを欲しがる人が来るんです。考えが甘いとかいう以前に、幸せになりたいんだったら不倫をするなと言いたい。もう頭が弱すぎて、ついていけなかったです。

SM嬢が誤解されていることがある

SM嬢のリアルとは、得意プレイとのマッチングだった

 

――SMや女王様について世間が誤解していることはありますか?
痴女とSMは違うということです。痴女はニュアンス的にはサキュバスみたいな感じで、いわば男性の性を搾り取るエッチなお姉さんですね。ニュアンス的には女王様は魔王、支配して破壊する感じです。今、境目がどんどんなくなってきていて、満足のMとサービスのSというのは、商売はそうかもしれないですけど、プライベートはそうではないので、それをドヤ顔で言ってくるMの人は嫌いですね。私に奉仕させるな、と思うんです。主人に奉仕をさせるな、私が心地いいようにふるまいなさいよというのは、プライベートSMと商売の違いかなと思います。わかりやすく言うと、サービスのS、満足のMというのは、商売のSMにおける女王様自身の自戒の言葉であって、客が自分で「お客様は神様」と言うのと同じです。

――SMクラブというと、痛いことしかしないというイメージでしたが……
怖いと言われます。実際、比較的痛いことは多いです。ただ風俗店ですから、気軽に考えてもらえたらいいと思います。サービス内容でできないことはありますけど、必ずしも痛いこと、苦しいことだけでもないですし、ちゃんと意見も聞きます。

――目で見て痛く見えても、お客様がうれしいこと、求めていることをしてあげる。女の子とカウンセリングして、分かったうえでのプレイをしているわけですね。自分がSかMかわからなくても、、興味があれば来てみると楽しいかもしれないということですね。
見つけるので。恥ずかしさを全部捨てることができれば、こちらもノリノリで遊びます。
極端に言うと、赤ちゃんプレイだって、支配-被支配というSMの部類ですから。「ママー」と来たら、ハゲでもデブでもヨシヨシします。

――普段は偉そうにしている社長だけど本当は甘えたい人もいますよね。
お酒を飲むお客さんで、ひたすら褒めてあげたり、認めてあげたり、「こんなにだらしない姿もあるのね」といじってあげたり、「でもそこもかわいいよ」と認めてあげたり。自分を許せない人が多いので、その人が自分を許せない分、私がその人を褒めてあげるわけです。そういうことはキャバクラではしてもらえません。ただのクソ客だと思われるだけです。

――今の仕事を何歳まで続けるとか考えていますか?

考えていないですね。普通の社会ではやっていけません。長い女王様のほうが売れやすいんです。29歳というと風俗嬢としてはお姉さんですが、若い子よりも選ばれやすいですね。技術もありますし、私よりも上の40、50代の女王様が売れているので、見た目さえきれいにして技術が確かなら大丈夫です。

――最後に、SM嬢へなりたい人へのメッセージをお願いします。
どちらになりたいかにもよりますが、憧れだけでは成立しません。文学の世界や芸術の世界が好きでSMに来る方、Hajime Kinokoさんの緊縛を見て来る方もいますが、それだけだと、違うんです。イケメンが縛ってきれいに責めてくれるわけでもないし、お客さんはM女をブタとしか見ていないし、女王様もむしろM男の奴隷のような扱いを受けているし、道具だと自分で変わらなければいけない。現実を見て、地に足をつけることが大事です。これは自戒を込めて。

SM嬢のリアルとは、得意プレイとのマッチングだった

キニナルWEB インタビューを終えて

SM嬢という仕事の深さを感じました。正直、SMって痛いのかな、嫌なことをされるのかな、Mだと言ったら無理やり嫌なことさせられるんじゃないかなという思い込みから、すごくイメージが変わった私。みおりさんによれば、もちろんそういう人もいるので人選びは慎重にしたほうがいいとのこと。おすすめはブログを読むことだそうです。人気ブログを書いている子なら間違いないとのこと。人気の子にはやっぱり人気の理由があるんだなー、と思った榎並でした!

キニナルWEB

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

インタビュー・取材記事の制作承ります

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事