緊縛モデルが語る、吊られる体のリアルなセクシー

「セクシーはかっこいい」を浸透させたい

緊縛モデルが語る、吊られる体のリアルなセクシー
 

自分は他のモデルと違っていると感じますか。
体に対する「ボディポジティブ」という感覚があります。女の子がおっぱいを好きでも恥ずかしくないとか。普段自分がやっている要素を取り入れて、かっちりしたファッションの撮影でもちょっとセクシーな顔をしたりするのは、他のモデルと違うかなと思います。
私も「セクシーな表情して」って撮影で言われることあります!
どうやったらできるようになるんでしょう。
何だろう。自分の中に理想の絵みたいなものがあるのかな。好きな画家の描く女の人の顔だったり、写真だったり、そういうものが頭の中にあるのかも。
言われてもできない方も多いですよね。すごく難しいと思うんです。
私自身がセックスに対してオープンな考えを持っているからかもしれません。やたらといろんな人とするのがいいとは思いませんが、悪いことではないというか。日本には「セフレがいるのは不誠実」という感覚があるけど、私はそう思わない。セフレがいる人であっても、その人との関係性だから気にしたりしない。
日本は何かとセックスのことを隠しますよね。外国の映画を見ていると、ものすごく自分の体を相手にアピールする。日本人はおっぱいが小さかったり毛が長かったりするのを恥ずかしがるけど、海外では男性にセクシーさをアピールするのはクール、かっこいいという感じですね。
セクシーであることは、かっこいいこと。日本にもそれを浸透させたいですね。アジア人だってそれでいいと思う。
セクシーな表情を出したり、というのはそういう意図があるわけですね。普通のモデルは、可愛い顔とか、ちょっと子どもっぽい仕草をしがちですが。
そうですね、マインドの問題というか。女の子の水着撮影というと、すぐ前かがみで撮ったりしますが、私の感覚では、自分から胸をバーンと開いてセクシーな顔をした方がかっこいいと思うんです。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

    
    

インタビュー・取材記事の制作承ります

インタビュー記事は最強のオリジナルコンテンツです。
ありきたりではない記事によって
あなたのウェブサイトの検索順位を向上させます。

キニナル!人へのインタビューカテゴリの最新記事